特集
カテゴリー
タグ
メディア

モバイルデータの使用量を監視できるGoogleの新しいアプリ「Datally」

  • カテゴリー:
  • TOOL
モバイルデータの使用量を監視できるGoogleの新しいアプリ「Datally」
Image: Google via Lifehacker US

わかりやすい形であれ、わかりにくい形であれ、ほとんどすべてのモバイルアプリが、モバイルデータを使用しています。スマートフォンの統計情報を丹念に調べれば、どのアプリがモバイルデータを大量に使用しているかがわかります。

そしてもっと簡単なのは、Googleの新しいデータ管理アプリ『Datally』をインストールすることです。このアプリを使えば、自分が毎日どれだけモバイルデータを使っているか、どのアプリがモバイルデータを大量に使用しているかがわかります。また、そうしたアプリをデータ通信からワンタップで切断することも可能です。

Datallyは、日、週、月ごとのモバイルデータ使用量をグラフで表示します。ほかにも、電話番号をもとに契約プランの残りのデータ使用量をチェックしたり、VPNを利用してアプリごとのモバイルデータへのアクセス権限を管理したりすることができます。

自分がいつどれだけのモバイルデータを使用しているかを把握していない人は、トップ画面に表示される、本日のモバイルデータ使用量がよい気づきをもたらしてくれるでしょう。また、アプリごとのモバイルデータ使用量をバブルアイコンでリアルタイムで表示する機能もあります。当然ながら、T-Mobileのようなワイヤレス通信キャリアを使って音楽や動画を視聴した場合は、モバイルデータの使用量にはカウントされません。

20171214-datally02
Image: Lifehacker US

アプリを個別に管理できるので、あるアプリにはモバイルデータの使用を許しながら、別のアプリは制限するといった運用が可能。たとえば、Spotifyがモバイルデータを使って音楽をダウンロードするのは禁止しながら、Netflixで動画を視聴したり、Facebookのメッセージをチェックすることができます。Datallyにはこのほかにも、近くのWi-Fiスポットを探す機能が標準搭載されています。

Googleによると、このアプリはスマートフォンが使用するデータ量を監視するだけで、データの内容は見ていないとのことです。もっとも、こっそりとユーザーデータを収集してきたGoogleの過去の歴史を見れば、この言葉を鵜呑みにしていいのか判断に迷うところではあります。なお、このアプリを使う『Datally』を使うには、Android 5.0 Lollipop以上が動作するスマートフォンが必要です。


Image: Google via Lifehacker US

Source: Google

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next