lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleのスマホ「Pixel 2」の音声アシスタントを「Cortana」に切り替える方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
Googleのスマホ「Pixel 2」の音声アシスタントを「Cortana」に切り替える方法
Image: Tinh tế Photo/Flickr

Google Pixel 2には、Googleアシスタントという形で、膨大な機能が標準搭載されています。とはいえ、Android携帯を持つ人全員が、Googleのエコシステムに身を委ねているわけではありません。なかには、Microsoftを使いたいユーザーだっているはずです。そんなあなたのための音声アシスタントが『Cortana』です。GoogleアシスタントのかわりにCortanaをインストールして、自分に合った環境を整えましょう。

スマートフォンにCortanaをインストールする

音声アシスタントをGoogleのデフォルトアシスタントからMicrosoftのCortanaに切り替えるには、公式アプリをインストールする必要があります。CortanaはGoogle Playストアからダウンロードできます。 ダウンロードが完了したら、自分のMicrosoftアカウントでログインしてください(まだアカウントがない場合は新規登録する)。

GoogleからCortanaへの切り替え

アプリにログインして、画面に表示される指示に従えば、Cortanaをデフォルトの音声アシスタントに設定できます。[Add Cortana as default assistant]をタップすると、[Assist & voice input]の設定ページが開かれます。ここで、デフォルトの音声アシスタントアプリを[Enhanced Google Services]から[Cortana]に変更してください。別の方法でこの設定を行うには、[Settings]>[Apps & Notifications]>[Default apps]と辿ります。

20171205-cortana04
Image: Lifehacker US

このとき、Cortanaに、スマートフォンのアプリに関する情報、および、連絡先やカレンダーなどの個人情報へのアクセス許可が与えられることに留意してください。

音声コマンドを使う

Cortanaを起動するにはホームボタンを押してください。以降、Cortanaがあなたの呼びかけに耳を澄まします。また、アプリの設定画面で[Hey Cortana]を有効にすれば、ハンズフリーでの起動が可能となります。ただし、マイナス面が1つ。Cortanaをデフォルトの音声アシスタントにすると、Pixel 2のActive Edge機能が無効になることです。つまり、スマホをギュっと握ってもCortanaを起動することはできないということです。


Image: Tinh tế Photo/Flickr

Source: Google

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next