特集
カテゴリー
タグ
メディア

旅先からビールやワインをスーツケースに入れて安全に持ち帰るコツ

旅先からビールやワインをスーツケースに入れて安全に持ち帰るコツ
Image: E.Price

旅行に出かけると、冷蔵庫のマグネットや絵葉書を買ってくる人がいますが、私はお酒を買ってきます。長年、お土産にしたり、友だちと飲んだりするためにビールを買っていましたが、だんだんと蒸留酒なども持ち帰るようになりました。今年はスコットランドに出かけたので、わが家のウィスキーコレクションが一気にグレードアップしました。イタリア旅行の際は、帰りのスーツケースがキャンティーでいっぱいでした。

アメリカ国内を旅行するときは、買ったものを送ることもあります。そうすれば、スーツケースに詰め込む必要もありません。

海外旅行の場合は、お酒を買ったら預け入れ荷物に入れる以外にほぼ選択肢はありません。でも、スーツケースが飛行機に積み込まれるところを見たことがあるなら、大切な荷物が自分の手を離れた瞬間から、かなり乱暴に扱われているのはご存知ですよね。

お酒のボトルをスーツケースに詰める際には、やっていいことと、いけないことがあります。では、手元にあるものを使って上手にパッキングする方法を紹介しましょう。

ボトルを1本ずつ包む

私は、ボトルを1本ずつ靴下に入れ、さらにその上からいちばん分厚い衣服で包む方法を使います。セーターやスウェット、ジーンズなど、できるだけ厚みのあるものを使いましょう。

ポイントは、ボトルの首の部分を保護すること。ボトルが割れてしまうのは、たいていはクビの部分が壊れるからです。首の部分に特に注意しながら、全体をしっかりと包んでください。余分な袋などがあれば、それでボトルをぐるぐる巻きにしましょう(ボトルを包む前か後かはサイズによります)。そうしておけば、万が一ダメージを受けても最小限ですみます。

壁を作る

スーツケースに詰めるときは、絶対にボトルがスーツケース本体に直接ぶつからないようにしましょう。私はまず、ボトルを包むのに使わなかったシャツや衣類をスーツケースの底面に敷き詰めます。それから、スーツケースの側面に沿って、ボトルを保護する壁を作ります。壁に最適なのは靴ですが、なければ、シャツやズボンをくるくると巻いて使いましょう。ボトルとスーツケース側面の間に入れてガードできるものなら何でもかまいません。

ボトルを寝かせる

スーツケースの中央に、ボトルを上下互い違いに並べて寝かせます。1本1本の間に、さらにほかの衣類を挟みましょう。できるだけボトル同士が直接ぶつかり合わないようにしてください。

上にかぶせる

底面と同様、上部もしっかり保護する必要があります。残っている洋服すべてをスーツケースの上部に重ねて、ボトルを守る層を作りましょう。私はさらに本を並べたことがあります。


以上で終わりです。アドバイスするとすれば、蒸留所やワイナリーでお酒を購入した場合は、箱や気泡シートなどの梱包材をもらえることがあるので、ぜひ利用してください。イタリアでは、どのワインショップでも購入したボトルを包むための気泡シートの袋がありました。スコットランドでは、スコッチウィスキー1本1本に箱が用意されていました。スーツケースに入れると場所をとりますが、この方がより安心です。

旅先でお酒を買おうと考えているなら、小さく折りたためるダッフルバッグを1つ用意しておくこともオススメします。スーツケースがお酒でいっぱいになってしまい、他の荷物が入らなくなってしまったときに便利です。また、今度スーツケースを買い替える際は、ソフトタイプではなくハードタイプを選びましょう。

さらに、旅先でお酒を相当買い込む気なら、専用のスーツケースを購入するのもありです。私は近くのワイナリーで購入したものを持っており、親しみを込めて「ビールケース」と呼んでいます。ボトルが12本入る発砲スチロール製ワインケースをスーツケースに収めたようなもので、キャスター付きです。軽量なので、ワインを12本入れても(ほとんどの航空会社の上限である)重さ23kgを超えません。

Image: E.Price

Emily Price - Lifehacker US[原文

(訳:遠藤康子/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next