特集
カテゴリー
タグ
メディア

呼ばれたら絶対に行きたくなるパーティを開くコツ

呼ばれたら絶対に行きたくなるパーティを開くコツ
Image: Yulia Grigoryeva/Shatterstock.com

パーティの計画を友達に直接に話した上で、Facebookのイベントページを作成して招待したのに、来てくれない人が多い―という状況は、いったいどういうことなのでしょう? それは、気楽に参加できない面倒な要素があるということです。

私の友人に、楽しい集まりを企画するのがとても上手な男がいて、彼が考えたイベントには、いつも皆が参加します。パーティ、ハイキング、食事会、旅行、ビーチへの日帰り旅行など、何であれ、彼が幹事をすると参加率がとても高いのです。今日は、長年の付き合いの中で彼から学んだ2つの大事な秘訣を紹介したいと思います。

1:計画は周到すぎるほど周到に

人は、基本的に面倒くさがりで多忙です。ですから、参加するにあたって自分が何かをしなくてはならないような話だと、たとえそれが何かを決めるというような簡単なことであっても参加する気が薄れてしまうのです。したがって、招待する前に、あなたが企画をほぼ完ぺきに固める必要があります。場所も、時間も、アクティビティもあなたが決め、最初からすべてが決まった状態で、情報を伝えるようにします。

選択肢を与えたり、何がいいか、どうしたいかなどを聞いたりせずに、あなたが決めた内容を提示し、相手に求めるのは参加・不参加の返事のみにします。次は詳しい情報を渡し、あとはもう来て楽しむだけ、という状態まで準備してあげるのです。招待された人は、自分の手間や努力が少なくてすむほど参加意欲がアップします。

2:ホスト役に徹する

では、そうやって皆が来てくれたとします。でも、来てもらえればそれでいいわけではありません。あなたの集まりでは、楽しく気楽な時間が過ごせることを知ってもらい、次回もまた来てもらいたいものです。それには、ゲストが到着した後も、ホストとして、おもてなしや手伝い、案内を続けます。 あなたが率先して、誘導したり雑事をしたりムードメーカーになったりするのです。その努力をやめてしまうと、来てもらえなくなります。

行きたくなるパーティの具体例

これを説明するには、具体例を示すのが一番でしょう。たとえば、前述の友人がビーチパーティを企画した場合、彼は以下のような作業をします。

1. 日時を決める。これは、招待された人の大半が来られず、皆が都合の良い別の日時を逆提案してくる、といったことでもない限り変更しません。

2. どこのビーチでやるか決める。後で「ならば〇〇ビーチはどうか…」といった意見が出ないよう、選択理由も明確化しておきます。

3. Facebookのイベントページを作成する。道順や、役立つ情報のリンク、自分の電話番号も載せ「何かあったら気軽に電話ください」という旨のメッセージを添えます。

4. テキストメッセージやFacebookのイベント機能などを使って招待状を送る。友人は、誰もがFacebookを毎日チェックするわけではないこと、イベントのタブをまったく無視する人も多いことがわかっているので、招待する際に、自動で管理しているわけではない旨を伝えています。

5. 集まりの数日前にリマインダーのメッセージを送り、質問や手伝えることはないか聞く。友人は、過去に何度か私にボディボードを貸してくれたり、手配した食べものを取りに行ってくれたり、人を自分の車に乗せたり、といった手伝いのほか、いつも事前に現地の駐車場事情を教えてくれます。そのように至れり尽くせりなので、彼の企画には参加せずにいられないのです!

6. 当日は、必ず一番に現地入りし設営と準備をする。そして現在地情報を共有する機能のあるアプリで、皆に正確なスポットを知らせてくれます。たとえばLINEならトーク画面の「+」ボタンをタップして「位置情報を送信」を選択し、画面右下の現在地ボタンをタップしてから「この位置を送信」をタップすれば、相手は、メニューの「マップを起動」でGoogleマップを使って開くことができます。

7. メンバーが揃ったら、皆が楽しい時間を過ごせるよう手を尽くす。たとえそのために、自分の楽しみが一時的に犠牲になっても手助けするということです。

幹事の仕事は正直大変ですが、友人はいつも集まりを成功させ、自分も楽しむことができています。あなたも集まりを企画するなら、やりすぎくらいの計画と世話焼きをすることです。まず、気楽に参加したい気持ちにさせ、期待以上のイベントにするのです。これを続けていると、皆あなたの招待にはノーと言えなくなるでしょう。

Image: Yulia Grigoryeva/Shatterstock.com

Patrick Allan - [原文

(訳:和田美樹)

swiper-button-prev
swiper-button-next