特集
カテゴリー
タグ
メディア

スポーツ特集─やる、観る、ハックする

こんな感じ初めてだ。キャップの中を風が通り抜ける「Airpeak Speed」

こんな感じ初めてだ。キャップの中を風が通り抜ける「Airpeak Speed」
Image: Amazon

太陽の日差しから頭を守るキャップ。ランニングや野球、ゴルフなどアウトドアスポーツには欠かせない存在ですが、湿気や熱がキャップ内にたまるのが気になるところ。

そんなキャップの問題点に着目したのが「Airpeak」。

Flow Systemという独自の考えをキャップに導入し、キャップの中に風の流れができるように設計。キャップ内の湿気や熱を外に追い出し、蒸れや熱中症を防ぐ役割があります。

2017年世界トライアスロンシリーズ横浜大会のオフィシャルウェアにも採用されています。

Video: オフィス102/YouTube

世界初のFlow System

2017-11-1417.58.22
Image: Amazon

Airpeakの特徴は、業界初のFlow System。ツバの部分にある通気口から風を取りれいます。

2017-11-1417.53.53
Image: Amazon

そして取り入れた風を頭頂部の通気口から排出することで、キャップ内に湿気や熱が滞留するのを防ぐ仕組みです。さらに、両サイドにも隙間があり、風の流れを後押ししています。風の流れがの中にできるので、スポーツ中は気持ち良さそう。

世界初の汗止め構造

2017-11-1417.54.10
Image: Amazon

さらに、もう1つ注目したいのが、世界初の汗止め構造。これで運動中も頭から汗が流れてくることもなさそう。さらに、風の流れがあるので帽子内は蒸れないそうです。

512hPAy34KL
Image: Amazon

色はピンク、ブラック、ブルーなど全5色。機能性もさることながら、見た目もかっこよく、2017年 世界トライアスロンシリーズ横浜大会のオフィシャルウェアに採用されたのもうなづけます。

執筆時点では、色によって在庫数が異なりますので、気になる方はお早めに!

Image: Amazon

Source: Amazon, YouTube

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next