特集
カテゴリー
タグ
メディア

スポーツ特集─やる、観る、ハックする

「ClipIts」があれば、もう靴ひもを結び直さなくていい【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
「ClipIts」があれば、もう靴ひもを結び直さなくていい【今日のライフハックツール】

「毎朝、出かける前に靴ひもを結ぶのがイヤなので、スニーカータイプのシューズは選ばないようにしている」とか、「紐靴を履いてはいるけど、脱ぎ履きができる程度の遊びを持たせておいて結びっぱなしで使っている」という面倒くさがりな人に、『ClipIts』は要チェックなアイテム。

「結ぶのが面倒」「いざ固く結んでも緩んでくる」という靴ひもの欠点を解消してくれるのです。

Video: Haley Lam / Youtube

取り付け方法は、上の動画で分かりやすく解説されています。

Video: Haley Lam / Youtube

締め付けの強さを調整する方法は、こちらの動画を参照してください。

クリップでしっかり固定できるので、靴ひもが緩む心配は無用。ただし、他のプレーヤーと接触の機会が多い球技などの場合は、クリップが外れてしまう可能性があるので、避けておいたほうがいいかもしれません。

ランニングやトレッキング、テニスなどのスポーツと、相性がいいと思います。

20170923_clipits_02
Photo: 田中宏和

実際に使ってみて、私は気にならなかったものの、公式で推奨されている取り付け方法だと上のようなコブが当たって、足の甲が痛くなってしまうことがあるかもしれません。

20170923_clipits_01
Photo: 田中宏和

その場合には、上のように最後の穴からひもを出したところで結び目を作って、余ったひもをカットしてもいいと思います。脱ぎ履きのときにひもを解く必要が無いので、緩むのが心配な人は、結び目にボンドを流し込んでおけばいいでしょう。

作りがシンプルなのでスニーカーのデザインの邪魔をしませんし、女性の場合はデコレーションを施してみるのも面白そうです。

以前『キャタピラン』や『Koollaces』もご紹介しましたが、個人的にはルックスと実用性を兼ね備えた『ClipIts』がお気に入りです。

20170923_clipits_03
Photo: 田中宏和

クリップ本体といっしょに専用の靴ひもも付いてきます。締め付けを調整するときの滑りを考えて設計されているため、ほかの靴ひもとは相性が悪いことがあるので、基本的に専用の靴ひもを使うようにしてください。

公式サイトではクラウドファンディングの「KICKSTARTER」内に留まっていますが、すでに資金獲得に成功して工場が稼働しており、注文すれば即日発送してくれます。

本体は7.99米ドル(約900円)、送料が3.60米ドル(約400円)と、かなりリーズナブルなのもポイントです。


Photo: 田中宏和

Source: ClipIts / KICKSTARTER, Haley Lam / YouTube 1, 2

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next