特集
カテゴリー
タグ
メディア

あなたはいくつ知ってる? 究極のスターバックス節約術11選

あなたはいくつ知ってる? 究極のスターバックス節約術11選
Image: Lifehacker US

ライフハッカーのEvil Week シリーズは、気後れすることをやり遂げる方法をちょっと皮肉な形でご紹介します。こんなことだけはしたくないと思うか、やってみようと思うかはあなた次第です。

今回はスターバックスのお話。スターバックスで使うお金を節約するにはどうしたらいいでしょうか。いうまでもなく、ベストな方法は自宅でコーヒーを作って飲むことです。2番目にいい方法は、スターバックスより安いコーヒーショップでコーヒーを買うことです。

でも、第3の策は、スターバックスで同じものや似たようなものを買っても支払う金額を減らすことです。スターバックスで実践できる究極の節約術を集めてみました。

1. レギュラーコーヒーを自分で「ラテ」にする

スターバックスに関するゴシップブログで597件もコメントを集めた最も有名な節約術は「ゲットーラテ(ghetto latte)」を自分で作ってアイスラテの代金を節約することです。

やり方は、まず、水を入れないアイス・アメリカーノを注文して、それに自分で共有ピッチャーから好きなだけたっぷりとミルクを入れると出来上がりです(暖かい飲み物で同じことをすると冷めてしまうので、おすすめしません)。

バリスタの中には、お客にこれをされるとミルクを補充しなければならなくなるので、嫌がる人もいます。差額の半分をバリスタにチップとしてあげてもいいですが、感謝はされないでしょうね。Today.comのブロガーは、最近この節約術を試して5ドルのアイスラテを2.65ドルで手に入れましたが、特に白い眼で見られることはなかったそうです。

2. チャイ・ラテを安上がりに作る

同じようにして、タゾ・チャイ・ラテの代わりにウェブサイトConsumeristの読者から寄せられた次のレシピを試してみましょう。

まず、チャイ・ティーを注文してください。そのとき、しっかり味が出て濃いお茶になるようにティーバッグを2つ入れてもらい、さらにシナモンとバニラを半々にしたシロップと泡をたっぷり入れてもらいます。自分でシナモン、ナツメグ、バニラを泡の上に少し振りかけると、チャイ・ラテの出来上がりです。飲み物代は半分になりますが、風味は全く損なわれません。

3. フレンチ・プレスを仲間とシェアする

コーヒーを飲みながらミーティングをするなら、フレンチ・プレスを注文すべきだという意見がRedditユーザーから寄せられています。バリスタにはちょっと手間をかけてしまいますが、1ポット注文して仲間とシェアするとシングルコーヒーが実質半額になります(裏メニューのようなものです)。

4. ホットドリンクに氷を足してアイスにすると失敗する

ホットドリンクに氷を入れたカップを添えて、という注文の仕方はおすすめしません。飲み物が薄まるからです。確かにアイスコーヒーはホットより高いですが、元バリスタのコメントによれば、二倍の濃さで抽出しているからだそうです。

5. ショットを追加するより1つ大きいサイズを注文する

ドリンクにエスプレッソのショットを追加したいなら、1つ大きいサイズを注文したほうがいいという意見があります。でもそれは場合によります。たとえば、アメリカーノは、トールサイズとレギュラーのグランデサイズはどちらも3ショット分ありますが、最近、ニューヨークのユニオン・スクエアのスターバックスは、両方とも同じ料金を取ります。

6. ミルクをたっぷり足せるように大きいカップに入れてもらう

自分でミルクをたっぷり足したい人は、一回り大きいサイズのカップに入れてもらうようにしましょう。これで好きなだけミルクを足せますし、コーヒーをこぼしにくくなるという利点もあります。

7. フラペチーノは注文しない

甘味が欲しいときは、普通のコーヒーを注文して、それにシロップを足しましょう。シロップをいくら入れても値段は変わりません。

8. 自分のカップを持参する

自分のカップを持ち込むと、注文するドリンクのサイズと関係なく、20円安くなります

9. ドライブスルーは使わない

ドライブスルーを使うと、飲み物に何か足してもらうたびに追加料金が発生します。

10. 古い型のエスプレッソマシーンを使っていないかチェックする

エスプレッソが1度に2ショットずつしか作れないマシンを使っているスターバックスの店舗が、少なくとも数年前にはあったそうです。ですから、そういう店舗で3ショット注文したいときは、4ショット目を無料でもらえないか、バリスタに丁寧にお願いしてみるのも手です。

11. アプリを使うときは注意する

アプリを使って飲み物を注文するとロイヤルティーがもらえます。でも、高額商品販売戦略に簡単に引っかかってしまうタイプの人は、気をつけましょう。おまけをもらおうとして裏目に出ることがあります。スターバックスは、焼き菓子やプロモーション中のドリンクを買うともらえる「おまけ」をちらつかせることがありますが、引っかからないようにしてください。


Image: Lifehacker US

Source: Starbucks Gossip, Today(1, 2), Consumerist(1, 2, 3, 4), Reddit(1, 2), Starbucks(1, 2

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next