特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

最高にパワフルなRetinaディスプレイ搭載MacBook Pro専用ドック【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
最高にパワフルなRetinaディスプレイ搭載MacBook Pro専用ドック【今日のライフハックツール】
Image: HENGE・DOCKS

Macといえば、クールな外観がその代名詞として認知されています。それと引き換えに、外部機器の拡張性において若干の不便さを、甘んじて受けなければいけないというところも。

それでも2015年モデルまでのMacBook Proの場合、まだ現行モデルよりはマシでした。USB 3.0ポートに、Thunderboltポート、そしてHDMIポートという組み合わせは、アダプターを介さなくてもつなげる機器が珍しくなかったからです。

でも、デスク上ではマルチモニタを利用している場合や、レガシーな外部機器を引き続き利用する必要があるプロユーザーにとっては、せっかくのデザイン性に蛇足を加えるかのごとく、ボディ側面につながなければいけないケーブルやアダプターをどうにかできないものか、と思うところがあるはず。

20171029_horizontaldockingstation_01
Image: HENGE・DOCKS

HENGE・DOCKSの『Horizontal Docking Station』は、こうした問題を解決してくれるアイテム。必要なポートは、全てドッキングステーションの背面に移動させられます。

用意されているポートは以下。

  • Power
  • HDMI
  • USB 3.0 (x6)
  • TRRS Audio (x2)
  • 1GB Ethernet
  • SD Card
  • Mini DisplayPort
  • Thunderbolt 2 Port

これだけあれば充分という内容です。特に転送に時間がかかるような重いデータを社内でやり取りすることが多い場合には、1GB Ethernet(有線LANポート)の装備はありがたいでしょう。

対応モデルは、以下を参照してください。

  • 13インチモデル:Early 2013〜Early 2015
  • 15インチモデル:Early 2013〜Mid 2015

ドッキングステーションからMacに電源が供給されますので、ドッキングステーションを電源につないでおけばいいのですが、米国用の電源プラグになっているため、変換プラグが必要です。ちなみにACアダプタ自体は100V電源に対応できますので、プラグのみ用意していただければ大丈夫です。

13インチ用、15インチ用とも、本体価格は499ドル(約5万7000円)で、送料が78.95ドル(約9000円)となっています。さすがに値が張るという印象ですが、部屋のインテリア性にこだわりたい人にとっては、注目に値するアイテムでしょう。


Image: HENGE・DOCKS

Source: HENGE・DOCKS

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next