特集
カテゴリー
タグ
メディア

ランチ特集─ランチを制するものは、ビジネスを制する

第二のサラダチキン現る? 編集部が選ぶ「使えるコンビニプライベートブランド」13選 #コンビニハッカー

第二のサラダチキン現る? 編集部が選ぶ「使えるコンビニプライベートブランド」13選 #コンビニハッカー
Photo: ヨコヤマコム

24時間いつでも開いてて便利、それが「コンビニエンスストア」。我々現代人にとっては、もう24時間開いているなんて当たり前だし、コンビニなしで日々を過ごしている人なんていないはず(おそらく)。

実際、いつでも開いてて便利だから行く、なんて思っていてもコンビニの商品に関して人それぞれお気に入りのものがあったりして、それを目当てに行ったりしませんか?

事実、コンビニ商品のブーム化は幾度もありました。少し前には独自ブランドのスイーツが大人気となりましたし、「サラダチキン」なんて一時期はバズワード化していました。さらに、コンビニでドーナツが販売されれば話題となり、コーヒーマシンの導入なんかは働く人のライフスタイルを変えたくらいに感じます。

最近では、ミュージシャンのディスク百合おんさんによる「コンビニかけ合わせグルメ」といったものも話題となり、コンビニで購入できる食品の活用術もひとつのキーワードとなりつつある印象です。

コンビニのプライベートブランド商品はどんどんと一般化してきました。今回、ライフハッカーでは編集部員がそれぞれ「使えるコンビニプライベート」食品をセレクトしオススメしていきます! では早速、以下ご覧ください。

編集長 松葉セレクト

松葉:実は家から一番近いコンビニはセブンイレブンでもローソンでもなく、サークルK・サンクス。一時期だけ「サラダサーモン(サラダチキンの鮭バージョン)」が売っていたのですが、いつの間にか買えなくなっていました。それから、セブンの「蒙古タンメン中本辛旨飯(麺ではなくフリーズドライのご飯が入っている)」も美味しいけれど、品切れしているところが増えました。定番品として残る難しさを感じます。

・さばの塩焼(セブンイレブン、税込280円)

1710_lunch_pb_1
Photo: ヨコヤマコム

松葉:魚食べたいなと思ってもコンビニでは買わないものという固定観念があったので、単純にうれしい。

・スモークささみ(ローソン、税込140円)

1710_lunch_pb_2
Photo: ヨコヤマコム

松葉:これでビールを飲むのが最高。ローソンと書いたけど、特にこだわりはなし。どこのも美味しい。

編集部員 開發セレクト

開發:僕は家からご飯だけお弁当箱に詰めて持ってきて、コンビニやスーパーでおかずだけ買い求めるというランチスタイルを実践しています。そんな僕がオススメするのは次の3つ(すべてローソンなのは、会社から一番近いコンビニがローソンだから)。

・牛丼(ローソン、税込240円)

1710_lunch_pb_3
Photo: ヨコヤマコム

開發:牛丼屋は街に溢れていますが、ご飯持ち込み派の自分は牛丼もプライベートブランドを活用。家から大盛りのご飯を持ってくれば、300円未満で「牛丼・大盛り」の完成。外に食べに行くよりもコスパは良いはず…。同様の狙いでレトルトカレーなどもよく買います。味は取り立てて特徴ないです。

・本干し沢庵 しそ風味(ローソン、税込160円)

1710_lunch_pb_4
Photo: ヨコヤマコム

開發:おかずの中のアクセントとして欠かせないのが、このたくあん。しそ風味の爽やかな味わいが、上記の牛丼などと相性抜群です。1枚1枚切れているのもポイント。セブンイレブンにもたくあんは売ってましたが、そちらは切れていないためお弁当用としては今ひとつ。分量も多いので、1本買えば1週間は持ちます。

・サバの味噌煮(ローソン、税込258円)

1710_lunch_pb_5
Photo: ヨコヤマコム

開發:「魚が食べたいな~(健康も気になるし)」みたいな時に買います。ほかにも多種多様なお魚が売っていてどれも美味しいのですが、舌が思春期の自分は「サバの味噌煮」が一番好きです。

編集部員 横山セレクト

横山:僕は、1日に最低でも4リットルくらいは水を飲む人間なので、会社の最寄りのコンビニには、よく出向きます。水だけ買うのもなんだなあ、なんて思って普段から何かしら"添えもの"を購入しています。ちょっとした食べものや別のドリンクなどなど。そんな僕のオススメはこちら。

・8品目の野菜ミックスサラダ(ファミリーマート、税込128円)

1710_lunch_pb_6
Photo: ヨコヤマコム

横山:以前栄養士の先生の取材をしてから「サラダチキン+カット野菜」というメニューのランチをよく食べるようになりました。カット野菜は各コンビニでも種類に違いがありますが、個人的に一番気に入ったのがファミマの8品目サラダでした。

・グリーンスムージー(ローソン、税込178円)

1710_lunch_pb_7
Photo: ヨコヤマコム

横山:コンビニでランチを済ますときに、食事と一緒によく買うのがローソンのグリーンスムージー。見た目から野菜たっぷり感が感じられるのがきっかけで買ってみました。味は葉野菜の苦い感じかと思いきや、キウイベースの味がとても美味しいです。

・明太ポテトサラダ(セブンイレブン、税込148円)

1710_lunch_pb_8
Photo: ヨコヤマコム

横山:この明太ポテトサラダは本当にびっくりしました。明太子とマヨネーズ、マッシュポテトのマッチングが最高です。単品で食べてももちろん美味しいですが、パンで挟んでサンドイッチにしても美味しいし、食パンにのせてほんのちょっとだけ焼いてトーストにしても美味しい!

編集部員 今井セレクト

・フリーズドライ かにぞうすい(セブンイレブン、税込149円)

1710_lunch_pb_9
Photo: ヨコヤマコム

今井:お腹が弱いため、海外に行くときにレトルト食品のぞうすいは必須。これはマグカップと一緒にいれていけば、場所をとらないのが良いところ。ただし、標高の高い国に行く場合はアウトドアショップで売っている、水が100度に沸騰しなくても大丈夫な登山用を買いますけどね。でも、普通の国に行くなら準備時間に余裕がないときでも24時間手に入る、こちらの商品はありがたいです。使わなかった分は家に置いて、ちょっとした空腹のときや体調が悪いとき用に使えます。

・さんまの塩焼(セブンイレブン、税込213円)

1710_lunch_pb_10
Photo: ヨコヤマコム

今井:食事でメインのおかずとして肉を昼、夜と続けて食べない習慣なので、平日料理をするのが難しいときにコンビニで焼き魚が買えるのは嬉しいです。価格的にもコスパがいいと思います(ただし、旬の時期以外)。

・しっとり食パン(セブンイレブン、税込108円)

1710_lunch_pb_11
Photo: ヨコヤマコム

今井:店内で作られているパンは、手作り=添加物が少ないイメージを持たれがちですが、実際はショートニング、乳化剤、イーストフードが入っていることが珍しくありません。ましてやスーパーのパンコーナーで売られているほとんどのパンには添加物が入っています。近所のコンビニで安く添加物の少ない食パンが買えるのは助かります。少量入りがあるのも一人暮らしにはちょうどいいです。

編集部員 岸田セレクト

・SMOOTHIE バナナミルク(セブンイレブン、税込198円)

1710_lunch_pb_12
Photo: ヨコヤマコム

岸田:このスムージーを手に取るたびに「バナナはすぐエネルギーになるからな!」と大きらいだった体育教師が言っていたのを思い出します。普段は朝コンビニで買って、すぐエネルギーにして仕事に臨みます。たまに、お昼を食べる暇のないときには、コンビニで買ってすぐエネルギーにしてます。

・切れてるだし巻き玉子(セブンイレブン、税込138円)

1710_lunch_pb_13
Photo: ヨコヤマコム

岸田:だし巻き玉子が好きすぎて、単体で食べたいという気持ちが1カ月に1回くらい沸き起こるのですが、その際に重宝するのがこれ。切れているのがうれしいですが、切れていなくても大好きです。これからの時期、おでんに入っているのも美味しいですね。


いかがでしょうか。ライフハッカー編集部では、魚の商品が3つもラインナップされました。編集長の松葉が言うように、魚は「コンビニでは買わないものという固定観念」があります。しかし、今ではコンビニで焼き魚も買えるようになりました。他にも、コンビニの食べものは添加物が多いなんていいますが、添加物の少ないものも売っているのです。

あなたのオススメを募集します!

ライフハッカー編集部員それぞれが思い思いにコンビニプライベート商品をセレクトしました。あなたのお気に入りの商品はあったでしょうか? いやいや、これが美味しいんだよ、なんて意見もあるかもしれません。

そこで、今度は読者の皆さまのお気に入り商品を募集したいと思います! 応募はTwitterから。ハッシュタグ「#コンビニハッカー」とつけて、あなたのお気に入りの商品を投稿してください。条件はコンビニのプライベートブランド商品、食べものに限定します。「△△のコンビニの〇〇」が美味しい! といったかたちで投稿くださいませ。

また、プライベートブランド商品を使ったオリジナルレシピなども募集しています。これとこれを組み合わせたら美味しいといったものも、投稿してください。

投稿はこちらのリンクをクリックするとハッシュタグ付きでツイートできますので、どしどしご応募待っております!

Photo: ヨコヤマコム

Reference: Twitter

ヨコヤマコム

swiper-button-prev
swiper-button-next