特集
カテゴリー
タグ
メディア

画面をモノクロにするだけでスマホ中毒は軽くなる

画面をモノクロにするだけでスマホ中毒は軽くなる
Image: Lifehacker US

2017年6月9日の記事を再掲載しています。

Google(グーグル)の元デザイン倫理学者であり、非営利法人「Time Well Spent」の創設者Tristan Harris氏は、テクノロジーがいかに人間の注意や意識を独占する中毒的なものとしてつくられているかについて語り、広めてきました。Harris氏の話は、スマートフォンとスロットマシーンの魅力を比べており、かなり説得力があります。

通知もなく、いつものアプリがあるだけで、特に何か興味を引かれるものがなくても、ほとんど常にスマホをチェックしています。しかし、面白いメッセージがあったり、立て続けに「いいね!」されていたり、良い報せが書いてあるメールが来たり、スマホをチェックすることで、ご褒美的なうれしいことがあることもあります。

このような「当たり」があるだけで十分で、またドーパミンの快感が欲しくて、衝動的に携帯やスマホをチェックし続けてしまうのです。

画面をモノクロにする

このようなスマホ中毒を克服するために、Harris氏はスマホの画面をモノクロにするのをすすめています。完全にスマホ中毒でなくなるわけではありませんが、InstagramやSnapchatがカラーではなくモノクロになると、間違いなくかなり魅力がなくなります。

画面をモノクロにする方法はAndroidのスマホは機種ごとに異なりますが、基本的にはメニューの「アクセシビリティ」のところに行きましょう。iOS 10の場合は、「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」>「カラーフィルタ」を開き、カラーフィルタをオンにして、グレイスケールを選びます。

「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ショートカット」で、「カラーフィルタ」にチェックを入れると、もっと簡単にカラーとモノクロの切り替えができます。これで、ホームボタンを3回クリックするだけで(これまで色を反転していた画面が)、グレイスケールになります。また3回クリックすれば元に戻ります。

171029_repost_06091
Image: Lifehacker US

Harris氏は、スマホ中毒を克服する説得力のある方法をとてもたくさん紹介しています。こちらもチェックしてみてください。

Image: Lifehacker US

Source: Time Well Spent, Tristan Harris

Melissa Kirsch - Lifehacker US[原文

(訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next