特集
カテゴリー
タグ
メディア

1日に15回体重測定してわかったこと

1日に15回体重測定してわかったこと
Image: Elena Scotti, photos via Getty Images

2017年5月24日の記事を再掲載しています。

体重はトイレに行った後やワークアウトで汗をかいた後は減り、食べたり飲んだりした後やセーターを着ると増えます。でも、その種の波は実際に体重計が示す数字にどの程度の影響を与えるのでしょうか? その答えを見つけるために、1日に15回体重を測ってみました

  • 午前9:16 140.3ポンド(63.6kg):今日初めての体重測定です。起床直後なので薄いパジャマを着ています。
  • 午前9:19 138.9ポンド(63.0kg):トイレに行った直後に測定。どうやら膀胱に少なくとも1.4ポンド(0.6kg)の尿がたまっていたようです。これは初めて知りました。
  • 午前9:23 141.6ポンド(64.2kg):洋服を着てジーンズと靴を履いて測定しました。これから先は、体重測定のたびに裸になるわけにはいかないので、この服装で体重測定します。
  • 午前9:24 143.2ポンド(64.9kg):おっと。パーカーを着るのを忘れていました。パーカーも含めると洋服の重さは4.3ポンド(1.9kg)になります。
  • 午前10:35 145.4ポンド(65.9kg):朝食後に測定。朝食の重さは、飲み物も含めて2.2ポンド(0.99kg)ありました。
  • 午前11:45 144.4ポンド(65.4kg):排便後に測定。1ポンド(0.45kg)の大便でした。
  • 午後2:23 147.0ポンド(66.6kg):遅めのランチ兼早めのランチ後、トイレに行かず測りました。
  • 午後2:28 145.8ポンド(66.1kg):排尿後測定。尿は1.2ポンド(0.5kg)でした。
  • 午後5:58 145.1ポンド(65.8kg):測定直前の2、3時間は何も特別なことはしていないのに0.7ポンド(0.3kg)も減っていました!
  • 午後6:57 144.4ポンド(65.4kg):またしても0.8ボンド(0.3kg)減っていました。減量って簡単です!
  • 午後7:04 142.4ポンド(64.5kg):ワークアウト用の服装とパーカーを着て測定。朝食前の体重に戻りました。さあ、Nike Training Clubでワークアウトする時間です。
  • 午後7:45 142.3ポンド(64.5kg):30分間ワークアウトした後に測定。約1パイントの水を飲み(1パイントの重さは1ポンドです)、それと同量の汗をかいたようです。
  • 午後8:15 140.1ポンド(63.5kg):シャワー後に、裸で髪が濡れた状態で測定。夕方以降はこれが一番軽い体重でした。
  • 午後11:07 142.9ポンド(64.8kg):本日洋服を着た状態で行う最後の測定
  • 午後11:09 142.4ポンド(64.5kg):パジャマを着て測定。一般に睡眠中は体重が少し減ります。翌朝は139ポンド(63.0kg)で、今朝最初に測定したときの体重との差は1ポンド未満でした。

私は自分の体重は140ポンド(63.5kg)だと思っていましたが、1日のうちで一番重いときは147ポンド(66.6kg)、一番軽いときは138.9ポンド(63kg)でした。日中は4ポンド(1.8kg)相当の洋服を着て測定しているので、正味の体重ではありませんが、体重測定のたびに体重計が実際に示した数字です。よくジムや風呂場に置いてあるタイプの体重計を使用しました。

体重測定値には波が出るとは思っていたものの、その大きさには驚きました。体重測定は、朝起きてトイレに行ったら朝食を食べる前にするようにとよく言われます。

この実験では、そのタイミングで測定した体重が一番軽かったので、体重測定の一貫性を保つには、毎回このタイミングで測定するのが合理的だと思います。それでも、水分補給の仕方などにより、日々体重計が示す数字が変化することはもちろんあるでしょう。

Image: Elena Scotti, photos via Getty Images

Beth Skywarecki - Lifehacker Vitals[原文

(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next