lifehacker

特集
カテゴリー
タグ
メディア

無駄遣いが一目でわかる、定期的な支払いをまとめて管理するアプリ『Bobby』

無駄遣いが一目でわかる、定期的な支払いをまとめて管理するアプリ『Bobby』
Image: Bobby

無料のトライアル期間中に解約するのを忘れて、続けるつもりじゃなかった定期購読の料金や会費が引き落とされ、お金を無駄にした痛い経験をしたことがある人はいると思います。

お金を無駄にしないためにも、そのような定期的な支払いを管理したい人は『Bobby』をチェックしてください。BobbyはiOSのアプリで、毎月支払っている金額を管理するために、複数の定期的な支払いを監視します。このアプリは、特定のオプションには課金が必要ですが、基本は無料。なのですぐ始められます。

bobby_apps1
Image: Bobby

Bobbyを始める前に、定期的な支払いをしているアプリなどにアクセスする必要があります。銀行のようなサービスとの連係はしていませんが、定期的に支払っているものを手動でBobbyに追加するのはメリットでもあります。私はむしろ、データを安全に管理した実績のないところに、自分の口座情報などは提供したくありません。

定期的に支払っているサービスにそれぞれログインし、Bobbyに手動で入力する前に請求周期料金の平均を確認しましょう。こんなに長い間続けると思っていなかった定期的な支払いに気付くかもしれません(私の場合は「Spotify」です)。

Bobbyのインターフェースは使うのが簡単です。空白のリストに5つの定期的な支払いを追加することができます(アプリ内課金で無制限追加が可能)。「Netflix」「Slack」「Spotify」「Google ドライブ」のような人気のあるサービスはあらかじめアイコンが用意されていますが、それ以外の家賃やスポーツジムの会費などは、自分で項目を作成して追加することができます。

定期的な支払い項目は、説明を追加したり、支払い周期(毎日、毎週、毎月、毎年など)を変更したり、一時的な支払いは期間を設定したりすることができます。次の自動引落が行なわれる時に確実に気が付くように、リマインダーを使うこともできます。また、Bobbyは複数の通貨に対応しており、日本円も大丈夫です。

bobby_apps2
Image: Bobby

アプリ内課金では、定期的な支払い項目の無制限の追加や、iCloudとの同期、Touch IDサポート、ビジュアルスタイルの変更、ホーム画面のアイコンの変更などができます。これらすべてを一度に買えば1.99ドルなので、35%節約になります。

Bobbyは、iPadに対応していなかったり、Android版やWeb版がなかったりと、まだ完璧ではありませんが、iCloudに同期できるので、iPhoneをなくしたりアップグレードしたりしても、データが消える心配はありません。

すべての定期支払いを入力したら、「毎月250ドル!?」と思わず目を疑ってしまいました。特に音楽関係に使っている金額は予想以上でした。すべての定期支払を1カ所にまとめられるのは便利なだけでなく、驚くことにもなるかもしれません。

Image: Bobby

Source: Bobby

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

(訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next