特集
カテゴリー
タグ
メディア

インスピレーションとアイデアを考える:「偉大な芸術家は盗む」の本当の意味とは?

インスピレーションとアイデアを考える:「偉大な芸術家は盗む」の本当の意味とは?
Image: Still from HeadHunters/IMDB

Quote Investigatorにあるテーマの引用句が掲載されています。まずはこちら。「良い作曲家はまねしたりしない。盗むのだ」作曲家のイーゴリ・ストラヴィンスキーが言ったとされる言葉です。作家のウィリアム・フォークナーは「未熟な芸術家はまねをする。偉大な芸術家は盗む」という言葉を残したとされています。スティーブ・ジョブズはもっとシンプルに「優れた芸術家はまねをする。偉大な芸術家は盗む」と言いました。この同じフレーズが、芸術家や思想家をはじめ、あらゆるクリエイターに、時代を超えて繰り返しインスピレーションを与えています。しかし、実践的には、これは何を意味するのでしょうか?

間違った解釈もいくつかあります。「盗む」は「盗用」を意味するものではありません。盗用では偉大な芸術家にはなれません。もちろん「まね」とは違います。それでは、「盗む」とはいったいどういう意味なのでしょうか?

アイデアを自分のものにする

1 Page at a Time』など創造的な本を書いているアーティストのAdam J. Kurtz氏が、まねることと盗むことの違いを説明してくれました。片方は模倣であり、もう片方はインスピレーションです。「違いは意図にある」とKurtz氏は言います。模倣とは怠惰であり、他者の作品から影響を受けたことを認めないことでもあります。インスピレーションとは、ほかの作品からの影響を認め、それを新しいものに変換することです。

偉大な芸術家は盗む」とは、ほかの人の作品からインスピレーションを受け、それを、独自の作品を創造するためのスタート地点とするということです。芸術家は、既存の作品を違う文脈に置いたり、リミックスしたり、置き換えたり、マッシュアップすることで、新しいものを創造します。ときに、芸術と呼ぶにはシンプルすぎるものが生みだされることもあります(マルセル・デュシャンの 『泉』が究極の事例)

では、「盗む」とは何でしょうか? 弱々しい模倣のためにオリジナルを拝借することではありません(より優れたオリジナル作品を思い出させるだけ)。盗むとは、オリジナルをあなたの卓越したアイデアで新しいものに変えることです。あなたが他者のアイデアを本当の意味で変換し、高みに引き上げたとき、博識な聴衆たちは、オリジナルのアイデアをより深く探求したと評価するのです。もはやそのアイデアは「あなたのもの」です。つまり、あなたは「盗んだ」わけです。

有名な例をひとつ。ウィリアム・シェイクスピアによる戯曲『マクベス』のなかで、魔女が、森が城まで攻めてこないかぎり「マクベスは決して滅びぬ」と予言します。ところが、木の枝を手に持ったイングランド軍が森から進軍し、マクベスは滅びます。

J・R・R・トールキンは、シェイクスピアの森の「粗末な使い方」に「失望と嫌悪感」を感じていたと、詩人のW・H・オーデンに打ち明けています。だからトールキンは、『指輪物語』のなかで、動き言葉を話す森を登場させ、戦争に駆り出しました。今日、人々にとって動く森とは、シェイクスピアのものではなく、トールキンのものとなっています。トールキンは芸術家らしく盗んだのです。

現代の作家たちも、シェイクスピアのプロットをまるごと盗んでいます。『ライオンキング』は『ハムレット』にそっくりだし、『ウエストサイドストーリー』は『ロミオとジュリエット』の結末をさらに悲劇的にしたものだといえます。ただし、これらの作品はどちらも、オリジナルのアイデアを象徴化し、十分に形が変えられています。一方、1999年公開の『恋のからさわぎ』は楽しい映画ですが傑作とはいえません。「動物の王国が文字通り王国だったら?」とか「ダンスという形を通して、煮えたぎる人種間の緊張を表現したらどうなるか?」などのように、説得力のある新しいアイデアを生み出してはいないことがその理由の1つです。

ですので、あなたもできるだけ偉大で魅力的なオリジナル作品を選んでください。そして、コソ泥ではなく、大泥棒になってください。

パターンに従う

インスピレーションと模倣が違うように、インスピレーションとベストプラクティスにも違いがあります。 偉大な巨匠が絵画のなかで視点をどのように使っているかを学ぶことは、模倣ではありません。自分の小説や脚本のなかで「英雄の旅」のプロットに従ったとしても、それは模倣ではないのです。まぎれもない芸術です。

若いクリエイターは、まったく新しいものを発明しなければというプレッシャーを感じがちです。もちろん実験は不可欠です。しかし、多くの人が学生の実験映画を見たがらないのにはそれなりの理由があるのです。実験とは、なぜ芸術家たちは似たような原則に従ってものをつくるのか、そして、自分はそのうちのどの原則を壊したいのかを理解するために行なわれるものです。

原則を効果的に壊すためには、原則を理解し、その正当な価値を認め、なぜ自分はそれを壊したいのかをよく考える必要があります。キュビズムという手法を使って一度に複数の視点を表現する前、パブロ・ピカソはまず伝統的な視点がどういうものなのかを学ばなければなりませんでした。Björkの『It’s Oh So Quiet』が聴く人の耳を効果的に突き刺すのは、はじまりは甘く、柔らかく歌われているからです。伝統的な手法を学び、用いることは怠惰ではありません。自分独自のアイデアをつくるために必要不可欠なことです。

倫理的であること

こうした「大泥棒」たちの間には守るべき倫理があります。あなたが別の文化の作品に触発され続けているなら、オリジナルの作品に光が当たるようにしなければなりません。もし、別の人たちの文化を水で薄めて売り出し、それが大衆に受け入れらたとしたら、それは横領です。ロックンロールを発明した黒人アーティストたちが世に出ることがなかった一方で、白人アーティストたちが黒人アーティストたちのアイデアを白人の聴衆に水で薄めて売りまくったのは、まさにそういうことです。

ですので、あなたの作品が、あなたが影響を受けた作品以上に成功したとしても、自分が何か新しいものを発明したのだとは思わないでください。人のものを水で薄めて売っているだけではないことを確かめること。あなたが自分が何から影響を受けたのかを人に知られたくないと感じているとしたら、それは危険なサインです。Kurtz氏は「クソ野郎にならないための1つの方法は、どの作品から影響を受けたのか明らかにし、オリジナル作品の功績を賞賛し、誰からインスピレーションをもらったのかをオープンにすることだ」と言っています。

ファッションブランドのZARAが、Kurtz氏や仲間のアーティストからピンやバッジのデザインを大胆に盗用したとき、Kurtz氏は声をあげ、もととなったオリジナル作品があることを喧伝しました。

20171012-artiststeal02
Image: Shop Art Theft

ここでも黄金のルールが適用されます。あなたがほかの人からそうされたいようなやり方で、すなわち、オリジナルに対する敬意と称賛、オリジナルを新しいものに変換できるアイデアを持って盗むべきだということです。Kurtz氏は「芸術家なら誰だって、ほかのクリエイターがどんな困難と戦っているかをよく理解しているものだ。どうしてほかのクリエイターを故意に傷つけられるのか理解できない」と言っています。ですので、次の言葉をかたときも忘れないようにしてください。「偉大な芸術家は盗み、悪い芸術家はまねをする

Image: IMDB, Shop Art Theft

Source: Quote Investigator, Adam J. Kurtz, Shop Art Theft

Nick Douglas - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next