特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

何度も読み返す愛読書には「備え付けしおり」が良いみたい【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
何度も読み返す愛読書には「備え付けしおり」が良いみたい【今日のライフハックツール】
Photo: 藤加祐子

読書の秋ですねぇ。新刊はもちろん「愛読書」などを、秋の夜長にじっくり読むのは良いものです。

愛読書や専門書など、繰り返し読む本には、貼り付けて使えるしおり『アルバトロス』が便利。『アルバトロス』を直訳すると「アホウドリ」。本を広げてしおりを見ると、鳥が翼を広げているよう。

171019_albatros_02
Photo: 藤加祐子

『アルバトロス』は、本を閉じたところで自動的に挟まるしおりです。素材はフィルム製で、両端が粘着シールになっています。

ロゴの横に描かれた矢印に合わせて、本の見返し部分に貼り付けます。しおりの中央をしっかりと谷折りにし、鳥の形になるよう手で整えます。

171019_albatros_03
Photo: 藤加祐子

実際に『アルバトロス』を厚さ3.5cmの本で使ってみました。本を持って読むには支障はなく便利ですが、ページを開ききると、しおりの長さがギリギリのように感じます。

また、厚みのある本の場合、アーチ型に広がることがあるため、しおりの中央部分に癖付けが必要です。指でしおりを谷折りにしたあと、一晩ほど挟んでおくと良いでしょう。

171019_albatros_04
Photo: 藤加祐子

ところで、フィルム製のしおりというと「使い捨て」というイメージも少なくないでしょう。

でも、『アルバトロス』は、使い捨てではなく、備え付け用のしおり。読み返すことが多い専門書や、じっくり読みたい本に適したしおりといえます。

Amazonでの価格は、 4枚入りで972円です。


Image: 藤加祐子

Source: Oscar Lhermitte, Amazon

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next