特集
カテゴリー
タグ
メディア

ランチ特集─ランチを制するものは、ビジネスを制する

寒い季節でも弁当がおいしく食べられる『ランチジャー』を活用して、節約かつ健康的な食生活を【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
寒い季節でも弁当がおいしく食べられる『ランチジャー』を活用して、節約かつ健康的な食生活を【今日のライフハックツール】
Photo: 田中宏和

お昼は基本的に外食、という人は少なくないと思いますが、どうしても栄養が偏りがち。そこで自分で材料を選べて食費も節約できると、最近見直されているのがお弁当です。食費だけでなく外へ出ていく時間も節約できるため、お昼の時間を有効に使えるというメリットもあります。

しかし、これからの寒い季節に冷えたご飯はおいしさを感じにくいもの。

以前ご紹介した『Barocook』のように、ご飯をアツアツにしてくれる弁当箱もありますが、ランニングコストをかけず、手軽にお弁当で温かいご飯を味わいたいという人には「ランチジャー」がベストでしょう。

ランチジャーは、ステンレス魔法びんのメーカー各社からそれぞれリリースされていますが、今回はサーモスの『ステンレスランチジャー /JBG-1801』を試してみました。

20171015_thermosjar_01
Photo: 田中宏和

こちらのランチジャーの外部容器フタは、パッキンが付いていない非密封式。一番上にセットするおかずの傷みが進行しないように、おかず容器を常温のままにしておくためです。では、どうやって保温するのかというと、一番底に入れるスープを熱源として利用するのです。したがって、スープを持参しない場合は代わりに熱湯などを入れておかなくてはいけません。

このような仕組み上、ステンレス魔法びん構造でありながら、水筒などのように「長時間高温を維持する」ものではなく、あくまで「お昼にほどよく温かいご飯を食べる」ことに主眼が置かれています。

20171015_thermosjar_02
Photo: 田中宏和

メーカー公称値では、セットしてから6時間後に68度がキープ可能だそう。実際に使ってみたところ、大げさな数字だとは思いませんでした。容器を熱湯で温めておいて、沸騰したスープと炊きたてのご飯を7時に入れておいたところ、12時の昼食時には食べ頃の温かいご飯をいただくことができました。

また、中に入れる小分け容器が食器洗い洗浄機電子レンジに対応できるというのもポイント。

デメリットは普通の弁当箱よりややかさばり、重くなってしまうところ。マイカー通勤者にとってはあまり問題にならないでしょうが、満員電車で通勤している人には気になるかもしれません。

とはいえ持ち運びの問題が気にならないなら、使って損はないと思います。特に寒い時期には、温かいご飯に勝るメニューはありませんので、ぜひ導入を検討してみましょう。


Image: 田中宏和

Source: サーモス

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next