特集
カテゴリー
タグ
メディア

あなたの価値を下げる人と一緒にいてはいけない

あなたの価値を下げる人と一緒にいてはいけない
Image: Wikipedia

米Lifehackerが人生の役に立つ言葉を紹介するシリーズ「Mid-Week Meditations」。ストイックな知恵を探求し、それを使って人生を好転させましょう。

今週は古代ギリシャの哲学者エピクテトスの名言です。彼は、自分にポジティブな影響を及ぼす人間とだけつきあうべきだと唱えています。

自分を向上させてくれる人たちとだけつきあうことが大切だ。彼らといると、自分の良さが引き出されるからだ。

The Art of Living : The Classic Manual on Virtue, Happiness, and Effectiveness, A New Interpretation by Sharon Lebell』(直訳『生きる術:美徳、幸福感、有効性に関するシャロン・レベルの新解釈』)より引用

この言葉が意味するもの

自分の真価は、それを引き出してくれる人たちに囲まれることでしか発揮できないとエピクテトスは言っています。しかし、ここで「向上」という言葉は、必ずしも「幸福になる」という意味で使われてはいません。

「向上する」とは、他人とは違う存在(尖った存在)になることかもしれません。「自分の良さ」も同じ意味で使われています。基本的に「道徳心を挫く人」「幸福感を傷つける人」「能力を発揮させないようにする人」と一緒にいてはいけないのです。

そこから得られるもの

このアドバイスはシンプルですが、いざ実生活で応用するとなると至難の業です。仲間内のつきあい、社内政治、社会的義務などに囚われることが多く、自分が本当に関わりたい人たちとだけ関わっていくのは困難です。

さらに悪いことに、関わっている人たちの中には、他人が実力を発揮するのを妨げ、悪い点を引き出す人もいるかもしれません。次の会議や集会に行く前に、そこで関わる人たちは自分の良さを引き出す人たちか自問してみましょう。

あなたが知的に思考するタイプなら、あなたの精神に良い刺激を与えてくれる人とつきあいましょう。あなたがクリエイティブなタイプなら、芸術的追求を後押ししてくれる人とつきあうべきです。冒険心に溢れた自由な精神の持ち主なら、一緒に冒険してくれる人といるべきです。

あなたは、一緒にいて満足できる人たちをまわりに置いていますか?

この人といると自分の良いところが発揮されるという人たちを選んでつきあいましょう。自分を退行させるような人と過ごした時間は二度と取り戻せないのですから。


Image: Wikipedia

Source: Amazon

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next