特集
カテゴリー
タグ
メディア

スクリーンショットをすぐに編集できるiOS 11の新機能の活用法

  • カテゴリー:
  • TOOL
スクリーンショットをすぐに編集できるiOS 11の新機能の活用法
Image: Apple

AppleiOS 11で、iPhoneとiPadのスクリーンショット用マークアップ機能を発表しました。このエディターを使えば、スクリーンショットを撮った後にすぐに画像編集ができるようになりました。

スクリーンショットの撮影方法は、これまでとまったく同じです。スクリーンショットを撮ったことのない人のために説明すると、ホームボタンと電源ボタンを同時に押すと撮影できます。

スクリーンショットを撮ると、画面の左下に、撮ったばかりのスクリーンショットのサムネイルが表示されます。このサムネイルは、撮ったあと数秒してから消えてしまいます(または、左へスワイプすると消えます)。エディターを使って編集したいときは、そのサムネイルをタップしてください。

書き込む

170920_lh_ios11_screenshot
GIF: ヨコヤマコム

エディターを使って行なう作業で最も多いのは、スクリーンショットへの書き込みでしょう。エディターには、ペンのほか、鉛筆とマーカーも揃っています。画面をタップして、使いたいデジタルペンを選んでください。ペンの右側には、使える色(白、黒、青、緑、黄、赤)が並んでいるので、好きな色をタップしてから、画像の上に書き始めましょう。

途中でおかしくなってしまったら、消しゴムアイコンをタップして、間違った部分を消しましょう。または、iPhoneなら画面の右上、iPadなら左下にある「戻る」の矢印をクリックすれば、前に戻って最後の編集を取り消すことができます。

デジタルペンで手書きするのがあまり得意ではない人は、画面の右下の「+」の印をタップして「テキスト」を選び、画像にテキストを付け加えることも可能です。

トリミング

エディタ内でトリミングする方法は、他の写真エディターとまったく同じです。スクリーンショットのサイズを調整したいときは、画像の青い枠をドラッグしてください。ピンチしてスクリーンショットの特定の部分を拡大し、強調したい部分をアップにすることもできます。

署名を保存する

171011_ios_11_screenshot_1
Screenshot: ヨコヤマコム

マークアップ機能が便利なのは、書類に急いで署名しなければいけない場合です。ツール内に署名を保存できるので、署名しなければいけない書類(やラブレター)の上に、署名をドラッグ&ドロップするだけ。署名を保存している場所にたどり着くには、画面の右下の「+」の印をタップして、署名セクションを選びましょう。

描いた絵を移動させる

画像に写っているものを大きな円で囲んだあとで、間違ったものを囲んでしまったことに気づいたとします。その場合は、消しゴムの右にある投げなわツールをタップしてから、移動させたいもの(描いたものなら何でも)を丸く囲むようになぞり、ドラッグすれば、好きな場所に移動できます。

あらかじめ用意された図形を使う

171011_ios_11_screenshot_2
Screenshot: ヨコヤマコム

筆者がスクリーンショットを使う場合、たいてい友人に何かを指し示すときです。普段は矢印を使っています。エディタのメニューには、たくさんの図形(正方形、円、矢印、吹き出し)があらかじめ用意されています。右下の「+」の印をタップして、ほしい図形を選んでください。図形は好きな大きさに調整でき、スクリーンショット内のベストポジションにドラッグ&ドロップできます。

Image: Apple, ヨコヤマコム

Source: Apple

Emily Price - Lifehacker US[原文

(訳:松田貴美子/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next