特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 11でブルーライトを抑える「Night Shift」と新機能「Smart Invert Colors」を設定する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 11でブルーライトを抑える「Night Shift」と新機能「Smart Invert Colors」を設定する方法
Image: Ame Kusanagy/Shutterstock.com

iOS 11がついにリリースされました。今回からは目に優しい機能が2つに増え、これまで通りの「Night Shift(ナイトシフト」のほかに「Smart Invert Colors(スマートインバートカラーズ)」が新たに加わりました。これによりiOSのユーザー補助機能が拡大し、ナイトモードの充実度が大幅にアップしています。

では、この2つの機能について説明していきましょう。

ブルーライトの量を調整できる「Night Shift」

私のようにナイトモードが好きな人は、すでにNight Shiftを使っているかと思います。iOS 11では、Night Shiftの設定場所が少し変わりました。以下の手順で設定できます。

  • まずiPhoneの画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを開く。
  • 太陽マークのついた明るさ調整ボタンを強く押し込む(3D Touch非対応の機種の場合は長押し)。
  • スライダーが画面いっぱいに表示され、その下に「Night Shift」が現れる。
hoortwxh6r0ikydljh4w
Image: Emily Price/Lifehacker US

ほかのスマートフォンは、ナイトモードをオンにすると色が反転します。けれどもNight Shiftの場合は、iPhoneが放つブルーライトの量が調整されるだけです。そのため、画面に表示されるものによっては、Night Shiftがオフのときとまったく同じように見えるかもしれません。ですが、この機能のそもそもの目的はブルーライトの量を軽減することであって、ひいては睡眠が妨げられないようにすることなのです。

スクリーンを暗くしたいのなら、次に紹介する機能がいいでしょう。

色を反転できる「Smart Invert Colors」

Appleはかねてから、色を反転できるオプションをiOSで提供していました(写真のネガのような状態)。それが好きな人もいるかもしれませんが(私は喜んで使っていました)、「フルカラーで見たいものもある」という人には、新しいSmart Invert Colorsが何よりの解決策となるでしょう。

Smart Invert Colorsの場合、通常の色反転オプションとは異なり、写真やグラフィックのフォーマットと色はそのまま。ユーザーインターフェースの色だけが反転されます。両方のいいとこどりというわけです。暗く表示される部分は増えますが、Instagramの写真やアプリのアイコンはもとのまま表示されます。

このほうが、Night Shiftモードよりも「ナイト」モードに近いような気がします。

Smart Invert Colorsをオンにするときは、設定を開き、「一般」>「アクセシビリティ」>「ディスプレイ調整」と進み、「色を反転」をオンにしてください。すると「反転(スマート)」と「反転(クラシック)」のいずれかを選択できるようになります。

oca9gkszn3tdtacadi2l
Image: Emily Price/Lifehacker US

スクリーンが見やすくなるだけでなく、見た目もかなりクールになると思います。お望みなら、常にその状態にしておいてもいいかもしれませんね。


Image: Emily Price/Lifehacker US, Ame Kusanagy/Shutterstock.com

Emily Price - Lifehacker US[原文

(訳:遠藤康子/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next