特集
カテゴリー
タグ
メディア

かさばる荷物を40%も圧縮できる収納ケース「Kompak」を実際に使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
かさばる荷物を40%も圧縮できる収納ケース「Kompak」を実際に使ってみた
Photo: 島津健吾

ギズモード・ジャパンより転載:現在、machi-yaでクラウドファンディング中のコンプレッション収納ケース「Kompak(コンパック)」。ジッパーを閉めるだけで、荷物を圧縮して40%の省スペースになります。アメリカのKickstarterでは3000万円を調達し、ついに日本に上陸しました。

出張、旅行、ジムなど、衣類をカバンに押し込む手間が省けそう。しかも、荷物を入れるスペースが2箇所あり、使用前と使用後のものを2つに分けられるのもスマート。

今回、手元にKompakが手元に届いたので、実際に使ってみたレビューをお届けしたいと思います。

Kompakの外観

IMG_0212
Photo: 島津健吾

まずコンパックの外観は、いたって普通のケース。

IMG_0214
Photo: 島津健吾

両サイドに、荷物をいれるスペースがあり、左側は防水仕様。濡れたタオルや衣類をいれるにはぴったりそうです。そして、真ん中にあるチャック。これが、40%の省スペースを実現するポイントです。

衣類をすべて詰め込んだあと、このチャックを閉めることによって、強制的に全体を圧縮できます。圧縮袋は、掃除機や体重で空気を抜くものがほとんどですが、Kompakはチャックで圧縮する、という点が異なります。

本当にチャックで圧縮できるのか?

IMG_0247
Photo: 島津健吾

実際、チャックで圧縮することは可能なのでしょうか?

今回は、以下のものを用意してみました。

  • 半袖Tシャツ2枚(下着と肌着を想定)
  • 長袖Tシャツ1枚
  • タオル2枚
  • スイミングパンツ1枚とスイミングキャップ1枚
  • 靴下1足
  • ランニング用Tシャツ1枚
  • ランニング用パンツ1枚
  • ランニング用タイツ1枚

1泊2日して、なおかつ意識高く朝にランニングして泳ぐための装備としました。

IMG_0250
Photo: 島津健吾

まず、防水側に、ランニング用Tシャツ、タイツ、水着、タオルを入れます。

IMG_0256
Photo :島津健吾

それで、この状態。「いやいや、パンパンやんけ」というツッコミはおいておきましょう。

IMG_0258
Photo: 島津健吾

そして、逆側に残りのTシャツ3枚とタオル、靴下を積み上げます。正直、キャパを超えてる感があります。

IMG_0261
Photo: 島津健吾

そして、ドライ部分とウェット部分のチャックを締め切り、あとは、真ん中のチャックを閉めるだけ。

download
Photo: 島津健吾

チャックを閉めると明らかに、コンパクトになっています! 約40%くらいでしょうか。これなら、バックパックやスーツケースのスペースを十分節約できます。

肌感覚では、2泊分の肌着やタオルをいれるにはちょうどいいかなと思います。湿った衣類を分けていれられるのはうれしいポイント。ジムに行くときや、フェスの着替えを持って行くのにも最高かも。

Kompakの購入は10月24日(火)まで。SサイズとLサイズがセットで、3,400円(送料別)から、クラウドファンディングサイト「machi-ya」にて支援が可能です。この機会にKompakの圧縮力を試してみてください。

>>Kompakの支援はこちら

Image: 島津健吾

Source: machi-ya

(島津健吾)

swiper-button-prev
swiper-button-next