連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Firefoxの拡張機能「Multi-Account Container」は複数のアカウント管理に最適

  • カテゴリー:
  • TOOL
Firefoxの拡張機能「Multi-Account Container」は複数のアカウント管理に最適
Image: Mozilla via Lifehacker US

仕事用とプライベート用でアカウントを使い分けているFirefoxユーザーは、毎日ログインとログアウトを繰り返したり、アカウントを切り替えては再起動したりすることに疲れていることでしょう。

しかしこれからは、Mozillaが開発した拡張機能『Multi-Account Container(マルチアカウントコンテナ)』を使うことで、どのアカウントでログインしているかを気にする必要もなくなります。仕事とプライベートでアカウントを使い分けていない人でも、この拡張機能を利用して、プライバシーを保護したり、自分のオンライン習慣を意識し改善できたりするのです。

Mozillaが作った拡張機能『Multi-Account Container』は、Firefoxブラウザのアドオンです。ブラウザセッションとクッキーを切り離すことで、同一ブラウザウィンドウ内でも、コンテナタブごとに独立したクッキーを使えるようになりました。

つまり、コンテナタブごとに「名前」「カラー」「アイコン」を変えられるので、どのタブがどのアカウントなのか、簡単に見分けられるということ。そして、マルチアカウントでブラウジングすれば、生活の異なる場面を完璧に切り分けておくことができます(個人用、仕事用、ソーシャル用など)。アカウントの切り替えも非常に簡単です。

20170926-multiac02
Image: Mozilla via Lifehacker US

「仕事とプライベートでアカウアントを分ける必要はない」という人もいるでしょう。それでも、マルチアカウントでブラウジングするメリットはあります。とくに、あなたがオンラインショッピングやソーシャルメディアにハマりすぎているケースです。

オンラインショッピング専用のコンテナタブを作れば、自分がいつ、どれくらいの頻度で買い物をしているか、意識しやすくなります。また、ショッピングコンテナタブだけにクレジットカードや銀行、Amazonのアカウントなどの情報を保存しておけば、ほかのコンテナタブを使っているときにクレジットカード情報が自動で入力されるなんてこともありません。

また、コンテナタブを使い分ければ、個人を特定する情報を拡散せずに、ブラウジングを楽しむことができます。たとえば、ソーシャルメディアは専用のコンテナタブで使うようにし、その他のブラウジングは「リサーチ」用のコンテナタブで行なうようにします。訪問したサイトにあなたのオンライン行動を追跡されて、ソーシャルメディアアカウントと結び付けられてしまうのを防ぐことができます。

Google Chromeは以前から標準でマルチアカウントをサポートしていましたので、『Multi-Account Container』は、Firefoxユーザーにとって待ちに待ったアドオンということになります。ありがたいことに、この拡張機能を使うのにブラウザをアップデートする必要はありません。拡張機能を追加するだけでOKです。


Image: Mozilla via Lifehacker US

Source: Mozilla

Patrick Lucas Austin - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next