特集
カテゴリー
タグ
メディア

洗濯のプロが教える「汚れたぬいぐるみの洗い方」

洗濯のプロが教える「汚れたぬいぐるみの洗い方」
Image: Lifehacker US

ぬいぐるみが汚れてきたら、どうやって洗ったらいいのでしょうか。

愛着があるものだと、特に悩みますよね。今日はクリーニングのプロJolie Kerrさんが2011年から始めた『Ask a Clean Person』というコラムで、そんな読者の質問に回答している記事を転載します。ちなみに、ニューヨークタイムズから出版されたKerrさんの『My Boyfriend Barfed In My Handbag ... And Other Things You Can’t Ask Marth』という本は、ベストセラーになりました。

私は、ぬいぐるみの洗い方をネット検索してここに辿り着きました。

私のぬいぐるみは、ラムチョップという名前で、4年前に亡くなった私の母が生前、大事に可愛がっていたとても古いものです。

ラムチョップは気の毒なことに、とても汚れて擦り切れています。でも、洗濯機に入れるのは心配です。

このぬいぐるみをもう1度真っ白にする方法はありますか? タグが取れてしまっているので、もう洗濯表示は読めません。どうか、アドバイスを頂けますようお願い致します。

何て優しいお話でしょう。

大人になってもパディントンベアをこの世で1番愛する私は、この質問者の気持ちがよくわかります。それでは、古くなった愛着のあるぬいぐるみの洗い方をご紹介しましょう。

ラムチョップちゃんの場合は、優しく手洗いしてあげればいいのですが、そこまで思い入れの無い普通のぬいぐるみなら、洗濯機で洗っても全く問題ありません。まず、洗濯機で洗う方法を先に書きますね。こちらの方が手洗いする方法より単純明快だからです。

ぬいぐるみを洗濯機で洗う方法

180911_toy_1
Image: sulada jaichum/Shutterstock.com

ほとんどのぬいぐるみは洗濯機で洗っても大丈夫です。

でも、もちろん、どんな場合もダメージが出る可能性は考慮したほうがいいでしょう。

とはいえ、洗濯機は子どものぬいぐるみを何とかきれいにしたいと思っている親御さんたちの強い味方です。その方法は以下の通り。

  • 自宅の洗濯機で1番優しく洗える設定を選択しましょう。
  • ぬいぐるみは、中性洗剤を使い冷水で洗います。 傷むのが心配なら、ぬるま湯かお湯にして、塩素系の洗剤(漂白剤)でなく、白物にも色物にも使えるものを使うのが安全です。
  • ぬいぐるみが洗濯ネットに入るサイズなら、入れてパーツを保護してください。洗濯機のドラムにタオルを何枚か一緒に入れると、洗濯中にぬいぐるみをさらに保護できます。
  • ある程度まで自然乾燥させたら、毛並みをフワフワにするために最後はヘアドライヤーを低か中に設定して熱風を当てて仕上げます。
  • 乾燥機に入れても大丈夫ですが、その場合は、設定温度を低くしてください。

実は簡単! ぬいぐるみを手洗いする方法

180911_toy_2
Image: aon168/Shutterstock.com

手洗いの仕方をご紹介する前にお断りしておきますが、「手洗いする」という言葉に惑わされて、つい大変な作業だと思わないでください。

以下に段取りを事細かに書きますが、だからと言って恐れをなす必要はありません。

手洗いは実に簡単な作業なのです。

ステップ1:作業に適切な場所を選ぶ

ぬいぐるみを手洗いするときは、台所のシンクを使うのが1番だと思うかもしれません。

でも、十分な広さがあれば「洗面所のシンク」「作業部屋のシンク」「バスタブ」「洗濯用バケツ」を使ってもいいと思います。

大切なのは、ぬいぐるみがしっかり水に浸かるぐらいのスペースがあること。なおかつ、周辺を水浸しにせずに両手を水に入れて作業できるぐらいのスペースもあることです。あと、必ず清潔な場所で洗ってください。

ステップ2:水、洗剤、漂白剤を入れる

シンクにぬるま湯と少量の中性洗剤を入れましょう。

洗剤を入れ過ぎると、すすぎが大変になるので、小さじ1杯分入れて必要に応じてもう少し足すようにしましょう。

洗剤に関しては、ごく普通の洗濯用洗剤を使います。

もし、シミや汚れのあるぬいぐるみの場合は、重曹を入れて洗浄力を強化するのも手です。洗剤の溶解液に足して、そこにぬいぐるみをしばらく浸けておくと、汚れが落ちてきれいになります。

ステップ3:洗う

ぬいぐるみを水に浸けてポンポンと叩き、洗剤を溶かした水(洗剤水)を全体にしみわたらせます。そのあと、ぬいぐるみの状態や汚れ具合に応じて15〜60分間、そっと洗剤水に浸けてください。ときどき水中で揺り動かすと汚れがよく落ちます。

ステップ4:ゆすぐ

洗剤水にたっぷり漬けたあとは、ぬいぐるみからしみ込んだ水を押し出します。この時点で、ぬいぐるみは見栄えが悪いかもしれませんが、水が十分出たと思ったらそれでいいです。

完全に水出しできたら、きれいなシンクに水を貯めてぬいぐるみを浸します。

何度かポンポン叩いて洗剤を押し出して、泡が出なくなるまでこれを繰り返しましょう。丈夫なぬいぐるみの場合は、直接流水でゆすいでも大丈夫です。

ステップ5:乾燥させる

水を流したシンクからぬいぐるみを取り出す前に、優しく押してできるだけ水を出しましょう。

次に、清潔なタオルで包み、再び水を押し出します。

それから、タオルの上に置いて、自然乾燥させます。

「ちょっと生乾きかな」というぐらいまで乾いたら、仕上げにヘアドライヤーの1番弱い風を当てて毛並みをふわっとさせましょう。


Image: Lifehacker US,Image: sulada jaichum,aon168/Shutterstock.com

Source: Amazon, Jolie Kerr

Jolie Kerr - Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next