特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 11ではWi-Fiパスワードの共有がとても簡単に

  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 11ではWi-Fiパスワードの共有がとても簡単に
Screenshot: Lifehacker US

iPhoneのWi-Fiネットワークに複雑で安全なパスワードを設定しているというあなた、拍手を送ってあげましょう。しかし、遠方から来てくれた友人に、Wi-Fiを共有しようとしてパスワードを手書きで渡したはいいが、数字の「0」もアルファベットの「O」にしか見えず、大文字と小文字の違いも判然としないものだったために、20文字のパスワードを12回も入力し直させてしまった、なんてことになることも...。

ありがたいことに、Appleの最新iOS 11では、Wi-Fiパスワードを簡単に共有できるようになりました。ただし前提条件として、共有する側とされる側の両者が、iOS11がインストールされたデバイスか、macOS High SierraがインストールされたMacのどちらかを使っている必要があります。また、共有する側のデバイスの連絡先に、される側のデバイスの情報が登録されていなければなりません。

この条件を満たしているなら、あとは、すでにネットワークに接続しているあなたのデバイスに、友人のデバイスを近づけてもらい、Wi-Fiパスワードの共有を許可するだけです。

あなたのデバイスに「『〇〇のiPhone』がWi-Fiネットワークへの接続を求めていますがパスワードを共有しますか?」と尋ねる通知が表示されます。そこで「パスワードを共有」を選べば、あなたのWi-Fiパスワードが自動で登録されます。このやり方にはもう1つ利点があります。相手にパスワードの中身は明示されないことです。同じパスワードをほかの場所でも使っている場合には安心ですね。Macでは、画面右上に同じような通知が表示されます。

とはいえ、あなたのWi-Fiパスワードが「HouseInternet」などシンプルなものなら、この新しい機能はたいしたインパクトはないかもしれません。もっとも、あなたのパスワードが「HouseInternet」なら、パスワード自体を見直す必要があるとは思いますが…。

Emily Price - Lifehacker US[原文

(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next