特集
カテゴリー
タグ
メディア

オタク部屋を大人らしい部屋にする方法

オタク部屋を大人らしい部屋にする方法
Photo: Patrick Allan/Lifehacker US

私の部屋は、少し前まで部屋のど真ん中にビデオゲームが鎮座し、あちこちにマンガが落ちていて、おもちゃが散らかっている状態でした。

ところが先日、気が変わりました。もう少し整頓された「大人らしい」部屋にしようと思い立ったのです。だからといって、好きなものを犠牲にしたくありません。ここでは私が実践した片付け術をご紹介します。もし、誰かに見せられる部屋にしたいと思ったことがあるなら、きっと役立つことでしょう。

まずは断捨離

uslsvdlmy637yyajla0s
Image: Ruben Schade/Flickr

「大人らしい」と見なされるために、オタクっぽいものをすべて手放したり隠したりする必要はありません。ただ、自分の部屋を「オタクのダンジョン」ではなく「粋なギーク・スポット」にしたいなら、本当に欲しいもの以外は手放すべきです。

そこまで片付けコンサルタントのコンマリ(近藤麻理恵さん)になる必要はありませんが、所有していても喜びを感じられない「おもちゃ」「ポスター」「フィギュア」などがあるなら、誰かに売ったりあげたりして手放してください。場所を取るので、その後の整理がたいへんになるだけです。

いつの間にか溜まった映画ポスター、本当に残しておきたいものは2枚ぐらいだったりしませんか? 好きなキャラクターのおもちゃだけ残して、あとは誰かにあげてしまいませんか? 「オタクの誇り」は捨てて、本当のときめきをくれるもの以外は、すべて手放しましょう。

選りすぐりのものをディスプレイする

bvwy7zbc1eyqciorl78y
Image: State Farm/Flickr

「大人らしい」部屋は、整理されていて、清潔な印象でなければなりません。ですので、断捨離が済んだら、ディスプレイするものを注意深く選びましょう。本当にクールなものだけを陳列し、あとは目に見えないところにしまってください。人の目に触れるものが少ないほど、視線がそこに集中します。あまりに多くのものがあると、本当に好きなものが埋もれてしまいますよ。

陳列の方法にも気をつけてください。フィギュアのコレクションにはいけてるディスプレイケースを、映画ポスターには額縁を、グラフィックノベルにはナイスな本棚を。大人らしさを見せるには、ものを大切にしていることを示すのもポイントです。ですから、皆に見てもらいたいほど大好きなものは、正しく陳列して、大切にしていることを示してください。

マンガはデジタル化

ed3ltsontlwdbiypqeyd
Photo: Patrick Allan/Lifehacker US

マンガはとにかく場所を取ります。壁一面マンガ本なんて人もいるでしょう。もちろん、そこに美しさを感じているなら変える必要はありません。私の場合、遊びに来る人みんなに「漫画オタク」と分類されたくなかったので、変えることにしました。いえ、好きなものを聞かれて自ら話すのはいいのですが、パッと見で判断されるのはイヤだったのです。そこで、すべてをデジタル化しました。

今でも紙の本の感覚が好きなのは変わりませんが、どうしても紙でコレクションしておきたいものを除いて、Kindle Paperwhiteで購入し、タブレットで読んでいます。紙のマンガコレクションはまだ保管していますが、奥にしまってしまいました。今後、またそれを引っ張り出してきて読もうという気にはならないと思います。

映画やビデオゲームの箱は捨てる

ahxgyb5vwlivpeamgs7k
Photo: Patrick Allan/Lifehacker US

冒涜という人もいるでしょう。でも私は、映画やゲームの箱はほとんど捨てています。場所を取るだけですから、コレクターでもない限り、取っておく理由はありません。それに今の時代、取扱説明書を保管しておく必要もありません。だったら全部、捨てちゃいませんか。

大きなCDバインダーを買って、ゲームも映画もすべてそこにしまいましょう。見た目よし、使いやすさもよし、さらにあなたが持っているゲームを見られる心配もありません。いえ、自分の趣味に嘘をつく必要はありません(私は嘘をついていません。ガールフレンドに聞いてみてください)が、部屋の美しさを自分でコントロールすることが大事なのです。私は自分のエンターテイメントセンターをこぎれいに保ちたいと思っています。その状態は、ゲームの箱があっては達成できません。

キャビネットを有効活用する

ou1w8p6c5opvlkznzmuc
Photo: Patrick Allan/Lifehacker US

キャビネットは優秀な収納スペース。有効に使いましょう。なければIKEAで安い物を買ってきてください。あなたの愛するオタクなものをすべて見えないところに収納してくれるでしょう。

たとえば私は、大量のボードゲームをコレクションしています。そのため、それ系のゲーム専用のキャビネットを用意しました。これで見た目がさっぱりするし、ボードゲームがほこりをかぶることもありません。あえて見せない限り、私が「Arkhanm Horror」シリーズを全部持っていることは誰にもわかりません。それに何よりも、ゲームナイトを開いて、少し芝居がかってキャビネットを開けるときの皆の驚く顔といったら。最高の瞬間です。

最後に:手放したくないものは絶対に手放さないで

dxv8kt6ihjktryeuol8w
Photo: Patrick Allan/Lifehacker US

私は自他ともに認めるオタクです。ただ、コレクションよりも大切なものがあると感じているのも事実です。たとえばデート。恋人が初めて自宅に来たとき、部屋がオタクグッズであふれていたら、気まずい雰囲気になるかもしれません。だから、部屋を変えようと思い立ったのです。

私はここに紹介した方法で、目指していた「大人らしい」部屋を実現しました。でも、あなたは違うかもしれません。それはそれでいいでしょう。他人からどう言われようと、あなたの好きなものやスタイルを変える必要はありません。ただ、私と同じように感じ、もう少し部屋を「大人らしく」したいと思ったら、ぜひ上記の方法を試してみてください。それから、ほかにおすすめの方法があったらコメントをお寄せくださいね。


Image: Lifehacker US, Flickr(1, 2

Source: 近藤麻理恵

Patrick Allan - Lifehacker US[原文

(訳:堀込泰三)

swiper-button-prev
swiper-button-next