特集
カテゴリー
タグ
メディア

iOS 11の新機能「運転中の通知を停止」は、運転を自動で検知して通知を止めてくれる

  • カテゴリー:
  • TOOL
iOS 11の新機能「運転中の通知を停止」は、運転を自動で検知して通知を止めてくれる
Image: Pexels

初めての場所に行こうと『Google マップ』の指示通りに車を運転しているときのこと。母親からメールがきたのをきっかけに、事態が複雑な展開に。数秒後、職場の全員を対象にしたグループメールが届き、新着メッセージの通知が連続で鳴りはじめました。と思えば、また母親から、なぜさっきのメールに反応がないのかというメールが。ああ、母にメールのやり方なんか教えるんじゃなかった…。

このように、運転中でもさまざまな中断が入ります。もちろん、ハンドルを握っているときはメールなんかに気を取られてはいけませんよね。そう頭ではわかっていても、あまりにも通知が連続すると、完全に無視するのはなかなか難しいものがあります。

『Drive Smart』やAT&Tの『Drive Mode』など、運転中に視線を道路に集中させるためのアプリは存在します。ですが、Appleは最新の「iOS 11」において、「運転中の通知を停止」モードをプリセット機能として組み込むことにしたようです。すでにこうしたアプリを使っている人には不要かもしれませんが、まだの人はぜひこの機能を利用して、ドライブ中の集中力を取り戻してください。

この機能、母親からの早朝メールに起こされないように使う「おやすみモード」と基本的には同じです。「運転中の通知を停止」をオンにすると、運転中はメールやその他の通知が表示されないようになります。さらに、メールの送信者に対して運転中であることを知らせてくれます。では、おやすみモードと何が違うのか? なんと、運転中であることを自動で認識してくれるのです。

機能をオンにする

この機能をオンにするのはとってもかんたん。iPhoneの『設定』から「おやすみモード」を選び、「運転中の通知を停止」をタップします。

次に、「自動」「車載Bluetoothに接続時」「手動」の3つの選択肢から1つを選択します。

ここでは、あなたの運転習慣に合わせて選択してください。個人的には、「車載Bluetoothに接続時」が賢明な選択だと思います。なぜなら「自動」だと、iPhoneが車の速度を検知するだけで通知がこなくなってしまうから。友人の車に乗せてもらっているときや電車に乗っているときでもオンになってしまいます。

移動はいつも自分で運転という人は「自動」がいいと思います。そうでなければ「自動」はオススメできません。Bluetoothにしておけば、少なくとも自分が運転する車に乗っているときにしか立ち上がらないと思われます。ちなみに「自動」は、iPhone 6以降でしか機能しません(古い機種では選択肢が表示されません)。

「手動」も賢明かもしれませんが、当然ながら毎回自分でオンにしなければなりません。私だったら面倒になってやらなくなるのが目に見えていて、せっかくの機能が宝の持ち腐れになりそうです。

コントロールセンターに追加する

『設定』の「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」>「運転中の通知を停止」と洗濯すると、コントロールセンターに追加できます。これで、画面をスワイプしてコントロールセンターを開くと、車のアイコンが追加されているはず。アイコンをタップするだけで、この機能のオン/オフを切り替えられます。

fk6wa5g3qwez3ojjsofs
Screenshot: E.Price/Lifehacker US

運転中に通知を停止することは、もちろん最新テクノロジーではありません。でも、あなたの通勤が少しでも安全になるのなら、とても価値ある機能ではないでしょうか。

Image: Pexels, E. Prince

Source: Apple

Emily Price - Lifehacker US[原文

(訳:堀込泰三)

swiper-button-prev
swiper-button-next