特集
カテゴリー
タグ
メディア

発散や解消ではなく「刺激」に! ストレスをプラスに転換する方法

発散や解消ではなく「刺激」に! ストレスをプラスに転換する方法
Image: Pexels

現代はストレスと無縁の人などいない時代ですが、ストレスをプラスに転換する方法があるとずいぶん救われます。

『Peak Performance: Elevate Your Game, Avoid Burnout, and Thrive with the New Science of Success』(それにしても長いタイトルです...)の共同著者であるBrad Stulbergさんが、ストレスに満ちた状況をうまく活用する方法Business Insiderに紹介しています。

彼のお勧めは次の通りです。

ストレスをネガティブなこととして受け止めると、ストレスを感じ過ぎてしまうので、身体を委縮させることになります。なので、「ワクワクするな。身体が最高の実力を発揮しようとしているみたいだ。すごくそんな気がしてきた」という感じに、状況をポジティブなこととして受け止めましょう。

Stulbergさんは、ストレスの本質は単なる刺激に過ぎないといいます。ワークアウトをしても、上司と人事考課の話し合いをしても刺激を受けます。

ストレスを感じたときの感情に、自分でネガティブなレッテルを貼るからネガティブな感情になるだけです。

「ですから、その場でストレスをポジティブなものに転換してしまうと、とても救われます」とStulbergさんは言います。「長期的観点からも、多数の研究が同じような結論に達しています。ストレスのある状況を脅威としてでなく、挑戦課題としてみるようにする人や、ストレスはそれを克服することで成長につながる刺激だと考える人は、パフォーマンスが高くなる傾向があるからです。さらに、健康と長寿にも恵まれます」

ベストなストレス対処法は、ストレスは悪いものではないと自分に言い聞かせることかもしれません。

Image: Pexels

Source: Business Insider

Emily Price - Lifehacker US[原文

(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next