特集
カテゴリー
タグ
メディア

聴衆の心拍数が示す「Apple 新製品発表会」で最も盛り上がった瞬間

聴衆の心拍数が示す「Apple 新製品発表会」で最も盛り上がった瞬間
Image: Lifehacker US

2017年9月12日に行われたアップル新製品発表会では、Apple Watchの心拍数モニター機能が聴衆の喝采を浴びました。また、アップルが医療研究に関して、遠隔医療プラットフォームAmWellを提供するAmerican Wellおよびスタンフォード大学とパートナーシップを組むことも明らかになりました。そしてそれと同時に、心拍数計測アプリ『Cardiogram』が、この日の発表に対する聴衆の反応を密かに測定していたのです。

ただし、計測の対象者は、自ら志願してこの計測プロジェクトに参加した人たちであり、許可なく心拍数を調べたわけではありません。それでは、被験者の平均心拍数が示す「最高潮の瞬間」トップ5をご紹介しましょう。

5位:午前2時20分——最新Apple Watchに関する発表をアップルが準備していた時(1分間の平均心拍数76.1)。

4位:午前2時27分——スタンフォード大学との共同研究プロジェクト「Apple Heart Study」が紹介された時(1分間の平均心拍数75.8)。

3位:午前2時33分——Apple Watch部門の女性技術者Dierdre Caldbeck氏が、湖上でパドルボードをしている姿でスクリーン上に登場。装着していたApple Watchで会場からの電話を受けるところをリアルタイムで見た時(1分間の平均心拍数76.3)。

2位:午前2時42分——Apple TV 4Kが発表された時。プレゼンテーション中で平均心拍数の最高値を記録(1分間の平均心拍数78.1)。

1位:午前3時25分——顔認証「FaceID」が発表された時(1分間の平均心拍数77.4)。一方、その少しあとにiPhone Xの価格が999ドルと発表された際には、平均心拍数の最低値を記録。

最大に興奮したのはiPhone X発表のシーンではなく、Face IDが発表されたタイミングだったということですね。

これはごく厳密な科学調査というわけではなく、Cardiogramで計測対象となった被験者数もわずか63人に過ぎません。ですから、この結果をあまり深読みしないでください。最高に興奮した瞬間がいつだったのかは、あなた自身が決めることです。

ドキドキする瞬間を自分で確かめたくても、公式ライブストリーミングはすでに終わってしまっています。でも大丈夫。姉妹サイトのギズモード・ジャパンで、タイムスタンプを確認できます。


Image: Lifehacker US

Source: Cardiogram, ギズモード・ジャパン

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

(訳:風見隆/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next