特集
カテゴリー
タグ
メディア

都合のいい後払いサービスに騙されてはいけない

都合のいい後払いサービスに騙されてはいけない
Image: Malkusch Markus/Flickr

お金を借りれば貸し手が儲かることは、落ち着いて考えれば誰でもわかるでしょう。でも、その手の企業は、賢明なマーケティングをすることで危険性をうまく隠そうとしています。だから、気をつけてください。企業のブランディングに騙されずに、危険性を見極める目を持ってほしいのです。

ライターのGaby Del Valle氏は、The Outlineにおいて、その手の企業Affirmについて書いています。

Affirmは、現金やクレジットカードがなくても、SNSや公共料金の支払いなどをもとに決済できるサービスです。複数回払いを選べ、あとで振り込む仕組みです。クレジットカードを持てない人に向けたサービスであり、言い換えれば高金利のローンということ。Affirmは1000店以上の小売業者と手を組み、たとえば1着2万円のパンツなど、高額な商品をローンで買わせようとしています。

Affirmは予約販売とは異なり、すぐに商品が届きます。しかしその代償として、30%程度の非常に高い金利が付いてきます。クレジットカードと予約販売の中間のようなサービスですが、両者の悪いところの寄せ集めといっていいでしょう。多くのテック系スタートアップがそうであるように、既存のものを再創造することで、投資家から巨額の資金を得ているのです。タクシーしかり、フードデリバリーしかり。Affirmは、サブプライムローンの再来です。

このサービスと高金利ローンには、マーケティングぐらいしか違いがありません。他のローンと異なり、Affirmは率直な言葉を使っています。同社のウェブサイトには、こう書かれています。

事前の明朗な価格提示をお約束します。細則に隠された余計なコストを心配する必要はありません。

確かに、同社が提供している10~30%の金利(平均21%)は、一般的なペイデイローンほど悪くはありません。さらに、固定期間とシンプルな金利のおかげで、クレジットカードのような複雑さがなく、魅力的に見えるのです。

このように異なるように見えるのは、ブランディングによるところが大きいと思います。Affirmやその他のフィンテック商品に対する批判が集まっているのは、それらのサービスが消費者の金銭的な判断力を鈍らせる新たな方法にすぎないため。さらに恥ずべき問題だと私が思うのは、これらの企業が人助けの名目でサービスを提供していることです。Affirmの創設者は、TechCrunchのインタビューにこう答えています。

私たちは一方的な判断を下すことはできませんが、規制的にはならなければなりません。2万円のドレスを買うお金がない人がいたら、私たちはその人を助けないでしょう。

ごもっともです。同社が人々に選択肢を与えているのもおそらく間違いないでしょう。お金が足りない人々を助ける役割を担えないというのは正しい主張ですが、一方で、彼らのウェブサイトを見ると、誇らしげにこう書かれています。

「銀行が自分を守ってくれる」と信じている人は減っているでしょう。でも、そうである必要はありません。Affirmは、この問題を解決することをミッションにしています。

これを読む限り、お金がない人々をも助けようとしているように見えるのです。

しかし、問題があるのは彼らだけではありません。記憶に新しいのが、Navientの失態。Navientは学生ローンサービス業者で、学生ローン返済の誤用などの疑わしいビジネス慣行で消費者金融保護局(CFPB)に起訴されました。これに対し、Navientは顧客の最大の利益のために動く義務はないと主張しました。それは、彼ら自身がFinancial Tips Blogに記しているメッセージとは異なります。これらの企業が金銭的リテラシーを悪用して、あなたの判断を誤らせようとしているのは間違いありません。

彼らは、透明性、賢い判断、柔軟性を売りにしながら、それでお金を儲けています。さらに悪いことに、それで批判されても「私たちが提供しているのは金融商品であり、人助けが目的ではありません」と開き直るのです。はい、そうですか。でもね、いかしたブランディングで金貸し業であることを隠すのは、極めて無責任ではありませんか?

私は消費者として、これまでの人生を詐欺に遭わないように生きていました。でも、ほかにも気をつけなければならない罠があるようです。金銭的リテラシーと抱き合わせであなたを助けるようなふりをし、判断を誤らせて儲けようとしている企業には、絶対に騙されないでください。


Image: Malkusch Markus/Flickr

Source: The Outline, Affirm, TechCrunch, Navient

Kristin Wong - Lifehacker US[原文

(訳:堀込泰三)

swiper-button-prev
swiper-button-next