特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日アップルが発表したことすべて

GIZMODO

  • カテゴリー:
  • NEWS
今日アップルが発表したことすべて
Image: Apple

ギズモード・ジャパンより転載: 今年も物欲がとまりません。

年に1度のApple(アップル)の秋の製品発表イベントが、日本時間13日深夜2時から開催されました。期待通り新しいiPhoneが発表、iPhone 8シリーズだけでなく、まったく新しいiPhone X「テン」と読みます、「エックス」じゃないよ)が登場したことが最大のハイライトですね。さらにApple TVのアップグレードに、Apple WatchもSeries 3へ。

今年は新しいデバイスの発表だけにとどまりませんでした。アップルのエグゼクティブは、新しいiPhoneとWatchをさらにスペシャルなものにするために、多くの新機能周辺機器を発表。これらの新テクノロジーのうちのどれが、iPadやMacBookといったそのほかのアップル製品に影響を与えるかはまだわかりません。

さて、今日アップルが発表したものを総ざらいしましょう! これさえ読めば深夜に何が発表されたのか把握できますよ。

iPhone X

20170913_appletoday02
Image: Apple

iPhone Xは今年の「One more thing」で登場した新デバイスです。iPhoneは今年の2017年で10週年を迎えましたが、それにふさわしい10年目のiPhoneです。10年後のiPhoneからはホームボタンがなくなるなんて、2007年当時は考えてもいませんでした。ステンレススチールのフレームに前面も背面もガラス製。ツヤツヤで光沢のあるデザインに、前面全体がSuper Retina OLEDディスプレイ、なくなったホームボタンの代わりに「スワイプアップ」でアレコレ操作します

Touch IDもなくなり、Face IDでの顔認証になりました。この機能では、iPhoneを見た瞬間デバイスの正面にあるセンサーがユーザーの顔を瞬時にマッピングし、アンロックされます。iPhone Xには、Face IDをするためのコンピューティングの負荷を処理可能にするニューラルエンジンを搭載した、パワフルなA11 Bionicプロセッサーが搭載されています。さらに、デュアル12MPカメラは、より大きく高速な12MPのセンサーに進化、光学式手ぶれ補正が搭載されました。前面に搭載されたセンサー群は、Animoji(アニ文字)のようなトリックで、自分の顔の動きそのものがキャラクターに変身する愉快な体験を提供してくれます。

さらにiPhone Xは、ついにワイヤレス充電をサポート。

iPhone Xは10月27日(金)予約開始、11月3日(金)発売で、64GBが11万2800円(税抜)、256GBが12万9800円(税抜)、色はスペースグレイとシルバーのみ。少し先ですが、待ち遠しすぎる。

Face ID

20170913_appletoday03
Image: Apple

Touch IDからFace IDに。

Face IDのアイデアはシンプル、自分の顔でiPhoneを見るだけでアンロック。でもそれを実現する技術はものすごく複雑なのです。

Face IDのセキュリティを強化するために、アップルは明るい環境下と暗い環境下の両方で、登録ユーザーの顔だけを認識できるよう徹底的に精度を高めてきました。これを実現するべく、iPhone XのTrueDepthカメラシステムを構築。これまでのiPhoneにもあった近接センサー、環境光センサー、マイク、フロントカメラにくわえて、赤外線カメラ、投光イルミネータ、ドットプロジェクタをあらたに搭載しています。これらのセンサーでユーザーの顔特有の形状を読み取って3Dマッピングし、新しいA11 Bionicチップのニューラルエンジンを用いて視線と3Dマップを比較します。アップルによれば、この顔認証システムは100万回中1回しか失敗しないのだそう

iPhone 8

20170913_appletoday04
Image: Apple

2017年に登場するのはiPhone 7SとiPhone 7S Plusと多くの人が思っていましたが、それは違いました。「S」を飛ばしてiPhone 8とiPhone 8 Plusでしたね。iPhone Xほど革新的ではありませんでしたが、それでも豪華に進化しています。前面と背面は「これまでスマートフォンに採用されたものの中で最も耐久性のあるガラス」で作られ、エッジの周りをアルミニウム製のフレームが包みます。全体的なフォームファクタはiPhone 7シリーズに似ていますが、全面ガラス製になったことで、ちょうど良い重みになることでしょう。

iPhone 8も、iPhone Xに匹敵するだけのスペックが搭載されています。A11 Bionicプロセッサー、Retina HDディスプレイ、そしてカメラも改良されています。新しい12メガピクセルのセンサーに、新しいカラーフィルター、そしてiPhone 8 Plusではデュアルレンズを活かしたポートレートモードが一段と進化し、ポートレートライティングにも対応します。

iPhone 8は、ARのアプリケーションにも対応するとのことですが、発表イベントではどのように使うのかは多く語られませんでした。さらに、iPhone 8もワイヤレス充電に対応しています。

色はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色(ローズゴールドとジェットブラックはどこいった)。9月15日(金)から予約開始で、iPhone 8の64GBモデルは7万8800円(税抜)、256GBモデルが9万5800円(税抜)、iPhone 8 Plusのほうは64GBモデルが8万9800円(税抜)で、256GBモデルが10万6800円(税抜)となっています。

Apple Watch Edition 3

20170913_appletoday05
Image: Apple

これまでは、iPhoneがないと事実上Apple Watchを使うことができませんでした。でもApple Watch Series 3でそれもおしまい。悲願のセルラーモデルが登場です! 携帯電話のネットワークがある場所ならどこででも、Apple Watch単体で電話をかけたりメッセージを送ったりストリーミングで音楽がきけるようになりました。

Watchのデザインはこれまでのものとほぼ一緒。アップルはこの従来のWatchのケースの中にSIMスロットと新しいハードウェアを詰め込むことができただけで素晴らしい。Series 3は70%高速な新プロセッサと、Bluetoothの接続を改良する新ワイヤレスチップ・W2を搭載しています。また心拍数モニターもアップグレードされ、より詳細な情報が取得できるようになりました。

Series 3はセルラーモデルが4万5800円(税抜)、セルラーなしで3万6800円(税抜)。またセラミックモデルの色展開の中にグレーも加わり、バンドのデザインも追加されました。プレオーダーは9月15日(金)開始、出荷は9月22日(金)になります。

Apple TV 4K

20170913_appletoday06
Image: Apple

正当進化ですね。これまでHDのみだったApple TVが、4Kと4KのHDRコンテンツもサポート。つまり、1080pのHDで綺麗だなーと観ていた『Planet Earth』が、まもなくHDR10の4Kでさらにさらに美しく観ることができるようになります。

iPad Proに搭載している6コアのA10Xプロセッサーと3GBのRAMを搭載、小さな黒い箱の中身もパワーアップ。リモコンは、前モデルと同様にSiri Remoteですね。

さらに、今のところ4KコンテンツはHDのものと同じ価格で提供、もしすでにHDで購入していれば、無料で4Kにアップグレードされるのは嬉しい誤算ですね(そのコンテンツが4K対応していればの話)。強化されたハードウェアにあわせた新しいゲーム、改良されたゲームも登場するでしょう。

価格は32GBモデルが1万9800円(税抜)、64GBモデルが2万1800円(税抜)。9月15日(金)予約開始で9月22日(金)発売です。

ワイヤレス充電

20170913_appletoday07
Image: Apple

iPhone X(そしてiPhone 8/iPhone 8 Plus)がついにワイヤレス充電に対応。

さらに2018年にはiPhoneとApple WatchとAir Podの3つを同時に充電できるAirPowerマットも登場します。わざわざUSBのケーブルに接続せずとも、マットに置くだけで全部充電! これは夢のようですな。

どのように機能するかはアップルはあまり語らず、でも出るのは2018年のことで、具体的にいつかもはっきりわかっていません。でも待ちましょう、1年先でも。


Image: Apple

Source: Apple

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

mayumine

swiper-button-prev
swiper-button-next