特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebookで手軽に360度写真を撮ってシェアできるようになりました!

  • カテゴリー:
  • TOOL
Facebookで手軽に360度写真を撮ってシェアできるようになりました!
Image Facebook

私は、360度のパノラマ写真に凝っています。自分の旅行の写真を巨大なスライドショーにして友人に見せようとする、迷惑なタイプなんです。ある特定の場所を見せたいときは、普通の写真でもまずまず用が足りますが、360度写真の方がはるかに優れています。

360度写真だとパリの壮大な庭園やシンガポールのホテルの屋上バルコニーも、あたかもそこに自分がいるかのように没頭しながら見られるんです。私はもう1年以上、手持ちのGear 360で撮った写真をFacebook(フェイスブック)に投稿してきましたが、この度、360度カメラを持っていない人でもパノラマ写真を作れるアプリがFacebookに加わりました

私の場合はGear 360を使っているので、単純にFacebookへファイルをアップロードすれば、360度画像が投稿できます。あとは、それを見る人がPC上でマウスを使って画像を上下左右に動かすか、スマホを回転させたり指でスワイプしたりするだけです。これに対して、今回登場したFacebookアプリで画像を取得するのはそこまで簡単ではありませんが、出来上がりは360度カメラとかなり近くなります。

iOSやAndroidのFacebookアプリに一連の写真を取り込むと、それらが自動的につなぎ合わされて、1枚の360度画像になるという仕組みです。この魔法を体験するには、Facebookでいつも投稿している画面を表示し、スクロールしてページの下にある選択リストへ行きます(Photo/VideoとGo Liveが起動します)。次に、そのリストから「360 Photo」を選択しましょう。 すると、360度の世界が展開するので、あとは全体を見渡せるように端末を回転させるだけです。

この一連の作業が完了すると、Facebookはビデオを作成してくれ、メッセージ、フォトギャラリーなど、サイト上のどこでも好きなところに置いてくれます。画像のどこから「スタート」するかの設定も選択が可能です(たとえば、友だちがその写真を最初に見るときは、どこから始まるようにするかを選択できます)。

手軽に360度写真を撮ってシェアできるアプリがFacebookに登場2
Image Facebook

本気で360度写真を撮影したいのであれば、やはり本物の360度カメラが必要です。私が自分のカメラで撮影した画像には、床から天井までの全体が入っていますが、Facebookアプリで撮影した画像は、どうしてもスマホで撮影したパノラマ写真の域を出ません。

とはいえ、今自分がいる場所の状況を友だちに送りたいときは、いくつかのアングルで普通の写真を数枚撮影するだけでいいので、とても便利な機能でしょう。

Video: Darrell Etherington/YouTube


Emily Price - Lifehacker US[原文

Image: Facebook

Source: YouTube

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next