特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleが発見した、最も成功しているチームに共通する5つの特性

Googleが発見した、最も成功しているチームに共通する5つの特性
Image: achinthamb/Shutterstock.com

Inc.:長年にわたり、Googleは数え切れないほどの研究に取り組み、膨大なデータを集め、何百万ドルもをつぎ込んで自社の従業員をより良く理解しようと努めてきました。Googleの最も興味深い取り組みの1つであるプロジェクト・アリストテレス(Project Aristotle)は、社内で最高の業績をあげているチームに焦点を当て、チームの生産性を高める秘訣を探ろうというものでした。

なかでも、生産性の高いチームと低いチームの違いは何なのか? を解明することに主眼が置かれました。

この調査をはじめる前、Googleの経営陣は、ほかの多くの組織と同じように、最高のチームをつくるということは、最高の人材を集めることであると信じていました。それは理にかなった考えです。最高のエンジニアに、MBA、博士を集めれば、最高のチームのでき上がり。そうですよね? しかし、Googleの人事分析マネージャ、Julia Rozovsky氏の言葉を借りれば、「それはまったくの間違いでした」

この調査を率いることになったのは、Googleのピープル・アナリティクス部門のディレクター、Abeer Dubey氏です。最高のチームをつくるためには、どのようなスキル、バックグラウンド、特性を持ったメンバーを集めればいいかを見つけるため、Dubey氏は統計学者、組織心理学者、社会学者、エンジニア、科学者からなる研究チームを結成します。このオールスターチームには、Rozovsky氏も含まれていました。

プロジェクト・アリストテレスは、社内の180チームを対象に、200以上のインタビューを行い、250以上のチーム特性を解析しました。しかし、ドリームチームを生成するアルゴリズムにつながるような、明確なパターンは見つかりませんでした。

The New York Timesの記事で説明されているように、糸口が見えてきたのは、研究チームがいくつかの無形財産に目を向けはじめたときでした。

チームを成功させる要因が何なのかを特定できないでいたRozovsky氏らは、心理学者や社会学者による、「集団規範」をテーマとした研究を調べてみることにしました。集団規範とは、チームがどのように機能するのかを規定する不文律、慣習、行動基準のことである。こうした規範は暗黙、公然かに関わらず、チームに多大な影響を及ぼす。

カーネギーメロン大学、MIT、ユニオンカレッジの心理学者グループによる集団的知性(共同作業により発生する知性)の研究から、新しい視点と方向性を得たプロジェクト・アリストテレスの研究者らは、暗黙の規範という観点から、データを洗い直すことにしました。特に、グループの集団的知性を強めるチーム行動とは何かに注目しました。

Rozovsky氏は、Googleの「Re:Work」のウェブサイト(Googleの人事に関する研究、アイデア、実践をシェアするためのリソース)を通じて、成功するチームが持つ5つの重要な特性を以下のようにまとめています。

1. 信頼性

チームメンバーは、基準をクリアする品質の仕事を、決められた時間内に終わらせることができる。

2. 構造と透明性

チームメンバーは、明確な役割、計画、目標を持っている。

3. 意味

チームメンバーは、仕事に個人的な意義を感じている。

4. 影響

チームメンバーは、自分たちの仕事には大きな意味があり、社会全体の利益にプラスの影響を与えると信じている。

そして最後の1つは、特にインパクトがあるものでした。

5. 心理的安全性

多くの人が、無能な人間に見られるのを恐れて、会議の場で質問をしたり、アイデアを提示することを躊躇しています。よくわかります。職場における自分の言動や行動が、逐一監視され、批判の対象となるように感じているのだとしたら、そうなるのも無理はありません。

一方、それとは真逆の状況を思い浮かべてください。誰もが安心してリスクを冒し、意見を述べ、質問できるような環境です。そこでは、マネージャーが「上空援護(air cover)」を担い、安全圏を作り出すことで、メンバーはガードを下げることができます。それが心理的安全性です。

この研究結果は、あなたが期待していた定量的データではなかったかもしれません。Googleが発見したのは、心理的に安全な環境にあるチームのメンバーは、離職率が低く、個性を生かしやすく、結果的に、成果を上げられやすくなるということでした。

最高のチームをつくる方程式は、私たちの期待よりもずっと主観的なものでしたが、この5つの要素にフォーカスすることで、ドリームチームができあがる可能性を高められることがわかりました。この研究を通して、Googleは古代ギリシャの哲学者アリストテレスの名言「全体は部分の総和に勝る」を証明したのだと見ることもできます。

Google Spent 2 Years Studying 180 Teams. The Most Successful Ones Shared These 5 Traits|Inc.

Image: achinthamb/Shutterstock.com

Source: The New York Times,re:Work

Michael Schneider(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next