特集
カテゴリー
タグ
メディア

ほとんどの旅行保険は、預け入れ荷物にした高価な電子機器を補償してくれない

ほとんどの旅行保険は、預け入れ荷物にした高価な電子機器を補償してくれない
Image: Masakazu Matsumoto / Flicker

現在、中東や北アフリカから米国へ入る航空便のほとんどで、ノートパソコンなどの電子機器の機内持ち込みが禁止されています(編集注: 8月4日時点では、この禁止措置は解除されている)。この禁止措置が拡大する懸念が高まっている今、あなたも次のフライトでは、高価な電子機器預け入れ荷物にすることになるかもしれません。しかし困ったことに、そうした電子機器の紛失や損害をカバーする良い方法が見当たりません。

ノートパソコンを預け入れても入れなくても、航空会社はいかなる損害、盗難、紛失について責任を負わないことになっています。あなたが旅客機を利用するたびに同意している主要航空会社の運送約款には、その旨がしっかりと書かれています。たとえば、ユナイテッド航空、アメリカン航空、デルタ航空はいずれも、おおよそ次のようなことを宣言しています。「私たちは荷物を運びますが、責任は持ちません。もし、トランジットの際にあなたの荷物に何かが起きても、それはどうしようもありません」

さらに悪いことに、そうした損害を完全にカバーしてくれる保険はほとんどありません。旅行の際に旅行保険に入るのは悪いアイデアではありませんが、それですべてが解決するわけではありません。携行品の損害補償がついていたとしても、その上限額は保険によってまちまちであり、ノートパソコンやカメラなどの電子機器が補償されない保険プランもあります。InsureMyTripでトラベルエディターをしているJulie Loffredi氏が、Los Angeles Timesに次のように説明していました

保険証書に、手荷物は一定額まで補償、と書かれていたら、たいていは、携行品1つあたりの補償上限額が設定されています。―― プランによって異なりますが、通常は、携行品1つあたり、200ドル前後が上限です。

つまり、旅行に1,500ドルのノートパソコンや1,000ドルのカメラを持っていくとしたら、その金額の一部しか補償されないということです。Loffredi氏は、こうした機器の損害をカバーしたいなら、旅行保険は最後の切り札ぐらいに考えておくべきだと言っています。

補償に関して言えば住宅所有者保険のほうが優れていますが、すべては契約内容次第となります。よくあるように、500ドルから1000ドルの免責額(保険適用前に自分で負担する金額)が設定されていれば、旅行中に携行品を1つか2つ紛失した程度では、あまり意味をなしません。また、保険プランによって支払い方法も異なります。「再調達価額」基準で評価されるプランなら、携行品を修理、交換するのに必要な額を経年減価を反映させずに受け取ることができます(保険料はそのぶん高くなる)。一方、「時価額」基準のプランでは、補償額に経年減価が反映されます。ご存知の通り、電子機器の経年減価はとても早く、わずか数年前に買ったノートパソコンでも、ほとんど無価値と評価されてしまいます。Susman Insurance Agencyは次のように説明しています

―― コンピューターが補償範囲に入っている場合、おそらく1,500ドルの補償上限が設定されているはずです。 ―― 再調達価額基準のプランでないかぎり、ノートパソコンやデスクトップを何年前に買ったかにもとづいて、経年減価を差し引かれることになります。たとえば、小型のMacBook Proを3年前に買ったとすると、ソフトウェアのことは考えないとしても、現在価値はおそらく500ドルほどになるでしょう。それだけではありません。そのプランに500ドルの免責額が設定されていたとしたら、どうなるでしょう。もちろん、保険料はそのほうが安くなりますから。その場合、保険会社があなたに支払う金額はゼロということになります。

あ、あと1つ! あなたの住宅所有者保険は、ビジネス利用の携行品を補償対象外としている可能性があります。もしくは運良く入っていたとしても、補償額はとても小さくなるでしょう。

旅行の際に電子機器とデータを厳重に保護しておく以外にも、あなたができることはたくさんあります。どうしても補償が欲しいなら、通常は骨董品や宝石類にかける「貴重品」保険を検討することも可能でしょう。とはいえ、たいてい再調達価額を基準としており、紛失や盗難があったときに全額が補償されますが、そのぶん保険料は高額となります。また、特別な申請書類に書き込む手間もかかります。それに長期旅行の準備で忙しいと、こうした手続きを忘れてしまうことが多々あります。


Most Insurance Won't Cover the Expensive Electronics in Your Checked Bags | Lifehacker US

Image: Masakazu Matsumoto / Flicker

Source: Los Angeles Times, Susman Insurance Agency

Reference: David Lapan @SpoxHDS / Twitter

Patrick Allan(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next