特集
カテゴリー
タグ
メディア

「PETS」なら、木のぬくもりを感じながらPC・タブレットを使わずプログラミングが学べる

  • カテゴリー:
  • TOOL
「PETS」なら、木のぬくもりを感じながらPC・タブレットを使わずプログラミングが学べる
Photo:藤加祐子

背中に乗せたブロックの一つ一つがプログラムです!と言われても、最初はピンと来ないかもしれません。ロボットの名前は『PETS』(ペッツ)。子供向けプログラミング学習用ロボットです。株式会社デザイニウムが開発、株式会社 for Our Kidsが販売やワークショップの開催、カリキュラムの提供などを行っています。

プログラミングの基礎が遊びながら学べる

170804_pets_02
Photo:藤加祐子

2020年には小学校でのプログラミング教育が必須となります。現場の先生方や保護者の間でも戸惑いの声があるなか、様々なプログラミング学習ツールの開発が進んでいます。

中でも『PETS』はパソコンもタブレットも使わず、プログラミングの基礎を遊びながら学べるという特徴があります。小さな子供たちが楽しめるよう、ルールブックや問題カードにもほとんど字が使われていません。対象年齢は4歳から。大人が口頭で遊び方を説明するだけで、子供達が夢中になって遊び始めます。

「コンピューターは命令を一つずつ順番に実行する」というプログラミングの基本を、体感しながら学べるのが『PETS』です。

『PETS』の遊び方

Video: 藤加祐子

ブロックは、前に進む後ろに進む右を向く左を向く繰り返す/の5種類。

3×4のマス目シート上の「爆弾カード」を避けながら「ケーキカード」を通過し「ゴールのお城」へたどり着くまでが1ゲームです。カードの置き場所やカードの数によって難易度が変わります。

『PETS』の前方には、ブロックが3つだけセットできるエリアがあります。「繰り返す」で実行されるのが、このエリアのブロックになります。「繰り返す」を使うことで、効率良くゴールにたどり着けるようになります。

実はこの「繰り返し」が、プログラミング思考には欠かせない要素なのです。

『PETS』に組み込まれた愛情

170804_pets_03
Photo:藤加祐子

PETSには関係者の愛情が注がれています。関係者の方にお話を伺いました。

株式会社デザイニウム 秦 優さん ━『PETS』で遊ぶことにより、小さいお子さんでもプログラミングを学ぶための「基礎」が身につきます。初期の設計においては、ブロックのサイズや差し込む感触にこだわりました。新しいバージョンのPETSでは、組み立てやすさにこだわってます。

株式会社 for Our Kids 渡辺 登さん ━『PETS』は当初、開発メンバーの娘さん向けに作られたロボットでした。子どもがプログラミングを「遊ぶように学ぶ」ことができます。外装が木製であり、この質感とちょうどいいスピード感が特徴です。STEPを逆から読むと『PETS』になります。みなさんのペットのように『PETS』をかわいがってください。

ブロックの一つ一つに木のぬくもり

170804_pets_04
Photo:藤加祐子

レーザーカッターで切り出された合板からは、木の香りが漂いほっこり癒やされます。これがロボットなの?と思うほど手に馴染む感覚です。この木のぬくもりも『PETS』の魅力の一つです。

『PETS』を実際に触ってみると、大人もハマる楽しさがあります。『PETS』には学習ロボット以上の魅力が詰まっているのではないでしょうか。

組み立て済みですぐに遊べる『PETS』は「TSUKUMO(ツクモ)」で販売中です。

体験会などのワークショップについては『PETS』公式サイトをご覧ください。


source: PETS

藤加祐子

swiper-button-prev
swiper-button-next