特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分の価値のものさしにしてはいけない5つの評価基準

自分の価値のものさしにしてはいけない5つの評価基準
Image: Nadya Chudina/shutterstock

病院で身体測定をするとき、身長測定器の目盛りがいいかげんだったら困りますよね。どの病院で測るかで身長が違ってしまうなんてこともありえます。バカげた話だと感じたでしょうか? でも、自分の価値を測るとなると、多くの人が当てにならない物差しを使っています

どんな物差しで自己の価値を測っているのか、わざわざ意識したことはないかもしれませんが、実は心の奥では気づいているかもしれません。結局のところ、「自分は基準に達している」と感じれば、自分に対する感情が良くなりますが、「自分は基準に達していない」と感じると、自己評価は暴落します。

感じ方にこのような波があることはわかっていても、用いる物差しのタイプによって多大な影響を受けることに関して、今までじっくりと考えたことがあるでしょうか?

生活の中で自己の価値を測る方法はたくさんありますが、中には不健全なものもあるのではないか? と考えることが大切です。そこで今回は、自分の価値を測るのに使ってはいけない、5つの評価基準をご紹介します。どれもついやってしまいがちです。

1. 外見

自己価値を体重計の数字で測る人もいる一方で、外見でどれだけ注目を集められるか? で自分の価値を測る人もいます。

メディアは「人は見た目がすべて」というメッセージを発信し、体重増加から加齢に至るまで、人のあらゆる不安をターゲットにしているマーケティング戦略がたくさんあるのは事実です。でも、それは外見が良いと人生が有利に運ぶと言う意味ではありません

そういう面も確かにあるでしょうが、美しい体もハンサムな顔も永久ではないのです。頭髪が抜け、しわが寄り、中年太りになると、肉体の外見で自己価値を決めていた人たちは悲惨なことになります。

2. 資産価値

収入や物質的な財産で自己の価値を測る人があなたの周りにも、少なくともひとりはいるのではないでしょうか? 資産で自己価値を測る人は、「もう十分」と感じることが決してありません。

また、銀行口座の預金額で自己価値を決めるのは、金持ちに限ったことではありません。身の丈以上の生活をして「自分は十分な価値がある人間だ」と感じようとしている人がたくさんいます。しかし、裕福に見せようとして借金がかさむと、最後は破産してしまいます。

物やサービスは金銭的な価値はあっても、人間としての価値を反映するものではありません

3. 知っている著名人の数

他人へ依存して、自己の価値を判断する方法がいくつかあります。恋人がいると自信が持てる人もいれば、著名人の知り合いがいると周囲から感心されて自己価値が上がると感じる人もいます。VIPに囲まれていないと自分の価値を感じられない人もいます。

そういった人たちはプライベートの長いコンタクトリストやびっしり予定の入ったカレンダーがあると、自分は価値のある重要な人間だと感じられるのです。

他人に依存して自己価値を形成することは、動く的を追いかけるようなもの。他人にどう思われるかはコントロールできませんし、常に万人の気に入るように振る舞うことは、到底できません。他人からどれほど称賛や励ましを得ても、自分を心からは評価できません。

4. 職業

キャリアに自己価値を見出す人は多いようです。実際、ほとんどの人は自己紹介をするときに、「私はコンピュータープログラマーです」とか「私は弁護士です」というように、職業を伝えます。

これでは、仕事は職業というより、その人自身になってしまっています。キャリアを伝えることで、「自分は一角の人間だ」と強調しているつもりなのでしょう。

仕事の役職に自己価値を置くのは危険です。不景気、労働市場における不測の変化、重大な健康問題で、キャリアが終わるかもしれず、そうなると深刻なアイデンティティの危機に直面します。計画的にリタイアしてさえ、アイデンティティが役職と結びついていた人は、自己価値が破壊されてしまうのです。

5. 仕事の達成

自分が達成したことでのみ、評価されたくなることがあります。そういった人は、直近のビジネスの成功を自慢して、自分が達成したことを話すときだけ気分が良くなるのかもしれません。また、自分のミスのことで自らを責め続ける人はなかなか前進できません。気分が良くなるのに必要なだけのことを達成できなかったからです。

自分が成し遂げたことを誇らしく感じるのは当たり前ですが、自己価値を達成したことへ完全に置いてしまうのは、不安定な土台の上に家を建てるようなものです。自分の価値を認めるために、常に成功する必要があるので、失敗を恐れて回避することになります。

ありのままの自分を受け入れて、機嫌よく生きる方法

自己価値を測るために選択する尺度は、これから生きる人生の種類に影響します。生活の中の外的な出来事でなく、自分でコントロールできる要因に基づいた物差しを使いましょう

ありのままの自分を知り、それを喜んで受け入れると、人生で不可抗力のアップダウンを体験しても、平和な気持ちでいられます。失業や離婚を経験しようと、昇進を逃しても、自分を信じていられます。

一時的に自己価値を高めてくれることを追いかけるのではなくて、自分の核心で、ありのままの自分によって自己価値を測ってください。自分の価値観に従って行動して、有意義で目的のある人生にしましょう。


5 Things That Shouldn't Determine Your Self-Worth (But Probably Do) | Inc.com

Image: Nadya Chudina/shutterstock

Amy Morin(訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next