特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

「台風、襲来」に備える台風進路情報アプリ「Typhoon! Radar」【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
「台風、襲来」に備える台風進路情報アプリ「Typhoon! Radar」【今日のライフハックツール】
Screenshot: ビッグ太 via Typhoon! Radar

夏になると、台風の情報がどうしても気になります。規模が小さくても被害が発生することがあるので、できるだけ早めに正確な情報を得て、備えておきたいところですよね。

そんなときは「Typhoon! Radar」という、台風の進路情報に特化したアプリがあると安心です。台風のほぼ発生時から進路を表示し続けることができ、近づいてくるとGPSを使って警報を発してくれる便利なものです。

20170723_jtwc3
Screenshot: ビッグ太 via Typhoon! Radar

特色は、なんといってもその情報元。「Typhoon! Radar」は、なんとアメリカの「JTWC」という機関の発表したデータを使っています。JTWCとは、『Joint Typhoon Warning Center(合同台風警報センター)』の略で、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイに設置した機関のこと。1999年以前は西太平洋で発生する台風の命名にも関わっていました(ちなみに、現在は日本の気象庁が行っています)。この情報には、ふだん私たちが見ている台風情報を補強してくれそうな、いわば“セカンドオピニオン”的に活用できる心強さが感じられます。

20170723_jtwc2
Screenshot: ビッグ太 via Typhoon! Radar

JTWCの情報はそのままサイトで見ることもできますが、「Typhoon! Radar」のよいところは、JTWC情報を一歩踏み込んで活用している点にあります。台風の規模や進路を色分けして視覚化して表示するだけでなく、特定のものを指定して「監視対象」にしたり、GPSを使って警報を発令したりするなど、機能面で強化されています。

それに、JTWCでは風速の表示に「kt(キロノット)」が使われているのを「m/s(メートル毎秒)」にするなど、きちんと日本語化もされています。

ところで、画面の雰囲気がどことなく『新世紀エ……』という「襲来」アニメの雰囲気に似ている気がするのは、ご愛嬌かもしれません。

プレスリリースによると、表示テーマは今後増えていく予定とのこと。また、iOS版も近日中に登場するようです。

いくつかの環境でテストしてみましたが、筆者の一部の環境では動作が不安定になることがありました。でも、そのような点も加味しつつ、今後に期待したいと思いました。

天気予報が表示されるわけではないので、他のお天気系情報やアプリと併用すると実力を発揮しそうです。台風が気になる方は、インストールしておくと安心です。


Typhoon! Radar | K.z.develop

Screenshot: ビッグ太 via Typhoon! Radar

Source: PR TIMES, Wikipedia

Reference: ダウンロード /(AndroidAmazon

ビッグ太

swiper-button-prev
swiper-button-next