特集
カテゴリー
タグ
メディア

献体した遺体はその後どうなるのか?

献体した遺体はその後どうなるのか?
Illustrated by Sam Woolley.

科学のために遺体を提供する「献体」について、あなたも耳にしたことがあるはずです。しかし、それが実際何を意味するのかをご存知ですか? 今回は、あなたが医学の研究と教育のために遺体を提供したときに、実際何が起きるのかについて解説します(ここでは、個別の臓器や組織の提供については扱いません)。

閲覧に関する注意:以下、遺体に関して、気分を害する内容が含まれている可能性があります。加えて、本稿は米国内向けの記事の翻訳であり、日本国内の事情について語ったものではない点をお断りしておきます。

「献体」は何を意味するのか?

献体とは、死後、自分の遺体をまるごと医学の研究のために提供することを意味します。一般的には、医学生やフィットネスインストラクターを教えるための解剖の授業や、外科手術の訓練に使われます。

Mary Roach氏は、有名な著書『Stiff: The Curious Lives of Human Cadavers(邦題:死体はみんな生きている)』のなかで、提供した遺体の(少なくとも)一部が、整形手術の練習に使われる可能性があることに、驚きと懸念を表明しています。”医学の発展のために”提供した自分の遺体が、鼻の整形手術の練習に使われることを知ったらさぞ無念にちがいない、と書いています。とはいえ、Roach氏は、整形手術を行う外科医にも訓練が必要であり、提供された遺体をそうした用途に使うのは正当であるとは認めています。署名した後に自分の遺体がどこへ行ってしまうのか、どのような用途で使用されるのかを確実に知る方法はありませんが、あなたの献身に心から感謝し、敬意を持って遺体を扱ってくれる機関はたくさんあります。

遺体はどのように扱われるのか?

20170704-donatingbody02
Photo by Raghav93 via Wikimedia Commons, public domain.

献体を考えている人の多くが、死後、自分の遺体がどのように扱われるのかに不安を感じています。もちろん、理由がないわけではありません。医学生たちが、遺体をもてあそび、衣装を着せたり、おかしなニックネームをつけて笑いあったりしているのは昔から知られています。もし、あなたの遺体が学生たちによって冗談のネタにされ、記念写真を撮られたりしたらどうでしょうか?

ありがたいことに、そうした愚行のほとんどは過去のことであり、メディカルスクールでも、学生たちに対して、遺体に感情を寄せ、敬意を表すことを教える取り組みを積極的に行っています。

この春も、ニューヨーク州ドブス・フェリーにあるマーシーカレッジで、Anatomical Donor Appreciation Ceremony(献体寄贈者感謝式典)が開かれました。生体組織コンプライアンスオフィサーであるFerdinand Esser博士が一遍の詩を読み上げます。同氏は、「寄贈してくれた人たちの惜しみない献身の心に想いを寄せなければならない」と強く訴えました。提供された遺体(静かなるメンター)への学生たちからの感謝の気持ちが、厳かな音楽とともに、スライドショーに映し出されます。各テーブルには、献体者のイニシャルが記されたLEDキャンドルがいっぱいに詰まったガラスのボウルが置かれていました。

20170704-donatingbody03
A slide from the Mercy College Anatomical Donor Appreciation Ceremony.

マーシーカレッジでSchool of Health and Natural Sciencesの副学部長をしているKathleen Golisz博士によれば、この式典は、献体者に敬意を表したいと望んでいた学生たちによって発案されたものなのだそうです。「今では、多くの大学が遺体を使った解剖学の授業をやめてしまいましたが、私たちは、そこからしか学べないものを学ぶ機会を与えてくれるものだと強く信じています」とGolisz博士は話します。同氏は、献体をしてくれた人ちが病気やケガとともにどのように生きたのか、その生涯に思いを馳せたいのだと熱っぽく語ってくれました。

作業療法の大学院生であるEmily Feitさんは、この式典を独自の視点から眺めていました。彼女は3歳のとき、アイオア大学に献体した祖父に捧げられる式典に出席しました。20年後、こんどは献体した祖母のための式典に参列します。そして今回が、彼女にとって3回目の式典となります。

Feitさんは、自身の研究を通して経験する、献体に対する感謝の気持ちと、その体がかつて営んでいた人生について思いを巡らせるときに感じる感慨について語っています。「今私の手の中にあり、詳しく観察することができるこの組織が、かつては誰かの体の一部であって、ひとりの人間として人生を営んでいたのだと思うと、感動で胸がいっぱいになります」 「この体に宿っていた奇跡のことを想うのです」

こうした、教員や学生が表す畏敬の念と興奮、遺体に対する敬意を見れば、献体を考えている人も安心感を覚えるはずです。

なぜ献体をすべきなのか?

昨年、ナショナル・ジオグラフィックが、献体の需要は高まっている一方で供給は減っている、と報告していました。最近、ニューヨーク州が、未払いの遺体を医学部が利用できるとする、162年も続いてきた慣習を終わらせる法律を可決し、議論を呼んでいます。この法律により、近親者による同意か、生前、本人が献体を希望していたという確かな証拠が必要となりました。ですので、もしあなたが献体を考えているなら、以前よりは前向きに検討できる時期が来ているのではないかと思います。

Golisz氏は、献体を検討すべき、より実際的な理由を1つ挙げています。「ただ地面に埋葬するのは、ある意味での無駄遣いです。もっと有意義な方法があります」と彼女。「献体をすれば、葬儀の費用を節約することができます。『8000ドルから12000ドルもかかる葬儀費用はとても出せない』という遺族もいるかもしれません」

献体するには?

20170704-donatingbody04
Photo by Christine Colby, Wellcome Images.

マーシーカレッジは、遺体をオールバニー・メディカルセンターから受けとっており、主な供給源は個人からの献体です。生前に自ら献体の申請をしておいたり、死後に遺言執行者によって献体されるように手配することもできます。いずれにせよ、あなたがすべきなのは、書類にサインすることだけです。公証の必要もありません。申請した記録はメディカル・スクールに保管され、献体カードが発行されます。申請に必要な書類をこちらからダウンロードできます。

もっとも、これは1つの方法にすぎません。自分の地域の医科大学に連絡をとり、献体について尋ねてみてください。オールバニー・メディカルセンターの献体プログラムには、米国のほかの地域のメディカルスクールもリストされています。

また、BioGiftScience Careなど、遺体ブローカーのような企業もあります。こうした団体はメディカルスクールではないことに注意が必要です。彼らは遺体の寄付と配布を通して収益を上げる営利目的の企業です。また、遺体の全身が解剖のために使われるとはかぎりません。パーツに分割され、さまざまな機関に、さまざまな用途で配布される可能性も低くはありません。

こうした選択肢のうち、どれがいいかを事前に選び、大切な人に伝え、書面で指示を残しておきましょう。また、あなたの遺体が有効に活用されうるかは、死後どれだけ早く、目的の機関に届けられるかによって決まります。遺書に書いておくだけでは不十分です。遺書が読まれた時には、献体するにはもう遅すぎたというケースが少なからずあります。

「ボディ・ファーム」とは何ですか?

テネシー州立大学ノックスビル校の裏に、Anthropological Research Facility(人類学研究施設)があります。一般には、「ボディ・ファーム(The Body Farm)」として知られています。同様の施設が全米にいくつかありますが、ここが最初にできて最も有名な施設です。警察が捜索している遺体が、発見されるときの状態を再現するために、地面の上や、車のトランクの中、マットレスの上など、そこかしこに遺体が放置されています。学生たちは、こうした遺体を使って、さまざま状況下における死体の分解過程を観察し、死亡時刻を推定する方法を学びます。また、法医学昆虫学者は、死体に生息する昆虫を調べ、そこからいかに多くの情報が得られるかを学習します。

遺体が分解され、研究調査が終わると、遺骨はWM Bass Donated Skeletal Collectionに収納され、敬意を持って扱われます。Anthropological Research Facilityに献体する方法がこちらに掲載されています。

法医学研究のために遺体を寄付できる同様の施設は、フロリダ州、ノースカロライナ州、イリノイ州、コロラド州にあり、また、未確認情報ですが、ペンシルベニア州のカリフォルニア大学ペンシルベニア校にも建設する計画があるようです。ウィスコンシン州にも同様の施設があります。テキサス州にはハンツビルとサンマルコにそれぞれ1つづつボディ・ファームがあります。現在、ミシガン州にも建設中です。コロラドの山地とフロリダの湿地帯では遺体の分解状況は大きく異なるため、法医学者はその地域特有の条件における検死のやり方を学ばなければなりません。

あなたが芸術家タイプなら?

ユニークな選択肢があります:遺体をBody Worlds(人体の不思議展)に寄付するのです。もしかすると、あなたも移動展覧会を見たことがあるかもしれません。異端者Gunther von Hagens氏によって構想され、皮を剥がれ、保存処理をされた死体が、スポーツをしたり、ダンスをしたり、死んだ馬に乗ったりなど、さまざまなポーズで展示されています。

寄贈された遺体は、体内の体液や脂肪をシリコンゴムで置換した後、ガス、熱、または紫外線で硬化させる「プラスティネーション」という技術により保存処理されます。Von Hagens氏のよれば、遺体は永久的に保存されるそうなので、埋葬か火葬かを決める必要はありません。

ただし、2009年にドイツで行った展覧会で、Hagens氏が激しい非難を浴びたことを押さえて置く必要があります。同氏は、生前は顔見知りではなかったであろう人たちの遺体に、性交中のポーズをとらせて展示したのです。ですので、あなたの遺体もどのように使われるかは全くわかりません。もっとも、あなたが面白いことが好きなら、Body Worldsに献体するのもよいでしょう。詳細がこちらにあります。

Christine Colby(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next