特集
カテゴリー
タグ
メディア

軽量&スタイリッシュなPC「MateBook」が新型になってパワーアップ

  • カテゴリー:
  • TOOL
軽量&スタイリッシュなPC「MateBook」が新型になってパワーアップ

日本国内のSIMフリースマートフォン市場で大きなシェアを持つファーウェイ。近年はPC市場にも製品を展開し、昨年には2in1型PC「Matebook」をリリースしましたが、初製品のPCとは思えない、高い完成度で驚いたのは記憶に新しいところです。そのファーウェイが、本日7月4日、日本市場向けの新製品2機種を発表しました。

HUAWEI MateBook E

MBE

12インチの2Kディスプレイ(2160×1440ピクセル)を搭載した、MateBookの後継機となる2in1PC。本体重量640gという軽量さながら、Core i5プロセッサを搭載可能。同梱のキーボードカバー装着時の重量はは1.1kgになります。

安価なCore m3+メモリ4GBモデルは9万2800円から。高性能なCore i5+メモリ8GBモデルは13万3800円から。

HUAWEI MateBook X

MBX

従来ながらのクラムシェル型のボディを採用した、新型ノートPC。AppleのMacBookを思わせる薄型軽量の筐体ですが、画面はひとまわり大きい13インチ2Kディスプレイ(2160×1440ピクセル)。

Core i7+メモリ8GBのモデルは17万3800円から、Core i5+メモリ8GBモデルは14万4800万円から。

どちらも7月7日より、各種オンラインストアや家電量販店にて発売されます。

以下、発表会のタッチ&トライコーナーにおけるインプレッションです。

MateBook E

matebook_e_key

ぱっと見の印象は先代のMateBookとほぼ同じです。PCとしてもタブレットとしても違和感なく利用できます。大きく変わったのは、カバーとスタンドを兼ねるキーボード。先代は2段階しか角度を調整できなかったところ、MateBook Eは160度の範囲で自由に調整できるようになり、ノートPCとしての使い勝手が良くなっていました。

なお、キーボードカバーは先代からコネクタの形状が変わっており、互換性はありません。Mate Penは先代と共通のものが使えます。

MateBook X

matebook_x_key

ボディのフットプリントはA4用紙を下回るコンパクトさですが、スリムなベゼルで13インチのディスプレイ面積を確保しています。サイズや重さはMacBookとMacBook Pro13インチの中間といったところ。キーボード、タッチパッドの操作感は良く、キーボードもクリック感がありタイピングしやすく感じました。

スペック面ではMacBook相当ですが、USB-Cコネクタを2つ備えており、USBハブと充電ケーブルを同時に利用できる点で使い勝手はMacBook Proに近いでしょう。


なお、MateBook E/Xともにキーボードは日本語配列のみ。日本国内で英字キーボードモデルを展開する予定は、いまのところはないとのことです。


HUAWEI MateBook XHUAWEI MateBook E|HUAWEI JAPAN

金本太郎

swiper-button-prev
swiper-button-next