特集
カテゴリー
タグ
メディア

友だちをつくるベストな方法は「一緒に歌って踊って泣く」

友だちをつくるベストな方法は「一緒に歌って踊って泣く」
Image: Andrey_Popov / Shutterstock.com

読者の皆さんの中には、こんなことをわざわざ科学に教えてもらう必要はないという方もいらっしゃると思いますが、確かなデータがほしいという方のためにご紹介しましょう。さまざまな研究から、幸福感を高めてくれるもっとも強力な原動力の1つは、友だちであることがわかっています。強い絆は、あなたがより長く、より多くの喜びに満ちた人生を送る手助けをしてくれるだけではありません。友だちに会うことは、もっとも効果的なストレス撃退手段の1つであることも証明されています。

問題は、学校という社会の中の特別な空間から一歩外に出てしまうと、親しい友だちをつくるのが難しくなることです。おまけに、旧友たちが暮らす町から引っ越さざるを得なくなった場合には、新しい友だちの輪を見つけることはいっそう困難になります。では、細分化が進んだ大人の世界で固い友情を築くには、どうするのが一番良いのでしょう? 科学研究が、思いがけない提案をしてくれています。

一緒に体を動かすと、結びつきが強くなる

この着想の出所は、科学雑誌『Scientific American』に先日掲載された、ロビン・ダンバー(Robin Dunbar)教授のインタビュー記事です。ダンバー教授は進化心理学者で、オックスフォード大学で友人関係について研究しています。

この長文記事は、人間関係をめぐるヒトの脳の配線についての興味深い事実が随所にちりばめられており、全文を読む価値が十分にあります。でも、友だちのつくり方についての実用的なアドバイスだけが読みたいという方のために、意外ながらも研究に裏打ちされたダンバー教授の考えを以下にご紹介しましょう。

一番良い方法の1つは、合唱団に入ることです。私たち研究グループは、初心者向けの歌のクラスと、同じく初心者向けの趣味のクラスを比較し、これらの活動が連帯感をどれくらい生み出すのか調べてみました。その結果、歌うことで大量のエンドルフィンが分泌され、それによって、一緒に歌っている人たちとの強い絆が感じられることがわかりました。私たちはこれを「アイスブレーカー(打ち解け)効果」と呼んでいます。週1回、グリークラブや男性四重合唱団に参加して一緒に歌うと、この帰属意識が高まるようです。

ダンスやジョギングも同じです。イヤホンをつけて音楽を聴きながら走っている人たちを見かけると、私はいつも思います。「そうじゃないのに。その邪魔なイヤホンを外して、隣にいる人に話しかけようよ」と。そうしたほうが、ワークアウトやダンスの効果は上がるのです。どのような運動からでもエンドルフィンの効果は得られますが、ほかの誰かとそれを一緒に行えば、その効果が著しく高まることがダンサーとボート選手を対象に行った私たちの研究からわかっています。だからこそ、ダンスには効果があるのです。たくさんの人たちと一緒に、息を合わせて同じことができるのですから。

歌って踊って泣くことで健康増進?

ほかの人たちとの動作のシンクロが求められる活動は、「気持ちのシンクロ」も同時に促してくれるようです。新しい町に引っ越してまだ日が浅い(あるいは恋人との絆を深めたいと思っている)方は、この法則を知っておいて損はないでしょう。しかも、これは単に人間関係の強化に役立つだけではない、とダンバー教授は付け加えています。

仲間と一緒に歌ったり、踊ったり、体を動かしたりすることは、心に良いだけではなく、体にも良いというのです。「人的ネットワークは、(悪影響から体を守る)クッションの役目をしてくれるようです…(中略)…友人との交流によって分泌されるエンドルフィンが、免疫系を調整してくれるらしいのです」とダンバー教授は説明しています。

「一緒に笑う、一緒にジョギングする、一緒に踊る、一緒に歌う、胸が痛くなるような悲しい話を聞いてもらう、泣ける映画を一緒に観に行く。こうした活動はどれも、日常的な咳や風邪などが体に及ぼす悪影響を、生化学的・免疫学的に和らげてくれます」とダンバー教授は述べています。

読者の皆さんも、金曜日の夜に何をしようか迷っている時には、この研究のことを思い出してみてください。新しい友だちができて人生がもっと楽しくなるだけでなく、ついでにインフルエンザも予防できるかもしれませんよ。


This Quirky Activity Is the Best Way to Make Friends, According to Science | Inc.

Image: Andrey_Popov / Shutterstock.com

Source: happify, Inc. 1, 2, SCIENTIFIC AMERICAN

Reference: MAGDALEN COLLEGE, Wikipedia

Jessica Stillman(原文/訳:阪本博希/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next