特集
カテゴリー
タグ
メディア

ああ、カビがこんなに…そんな時でも見事に復活!!これを知っておけば完璧、革靴のカビ対処法

ああ、カビがこんなに…そんな時でも見事に復活!!これを知っておけば完璧、革靴のカビ対処法

メンズファッションライターの丸山です。

梅雨に入ってジメジメしたお天気が続いていますね。革製品には1年の中で最も受難の季節と言えるでしょう。

カビの繁殖スピードは意外と速い!

ほんの数日放って置いただけ…のつもりが、気が付いたらお気に入りの靴がすっかりカビの餌食になっていた!!そんなことってありませんか。

風通しの良いところへ置いた方がいいのはわかっていても、忙しいとどうしても下駄箱にしまいっぱなしになりがちですよね。

170627moldedshoe1

もう諦めて捨てちゃう?!ちょっと待ってください。

・モールドクリーナー

・サドルソープ

・リフレッシュミスト

実はこの3種の神器があればきれいにリフレッシュできますよ。

しかも、今まで溜まっていた汗や匂いも一緒にケアできちゃいます。

まずはカビを落とすところから!

170627spray1

まず、知っておいてほしいのはカビをやっつけるのには根元から根こそぎやっつける必要があるということ。カビをやっつけるのに効果的だと言われているアルコールは意外と効き目が弱いんです。なぜかというと揮発性が強いために表面部分にしか作用せず、徐カビ効果の持続性には欠けてしまうから。

次に皆さんがカビをやっつける方法としてパッと思い浮かぶのはきっとお風呂場のタイルなどに使用するカビクリーナーだと思います。ですが、塩素で構成されている水回り用のクリーナーは色素を脱色してしまう作用があるので革を痛めてしまいます。白く脱色されては困りますよね。

私が上の写真で手にしているこのモールドクリーナーは、イソジンなどのポピドンヨード系うがい薬と同じ主成分のヨウ素をでできています。吸い込んでしまっても大丈夫なぐらい安全な成分なのに、塩素とほぼ同等の効果があるんですよ!

イソジンと違い無色なので、どの色の革にも使用できます。ほぼどんな鞄や洋服に使ってもOKです。

カビてしまった靴のケア方法

まずはカビてしまった革靴にたっぷりと吹きかけて、クリーニングクロスで汚れている部分を拭き取っていきます。

170627wiping1

このとき絶対に守ってほしいのは、一度カビを拭き取ったクロスは必ずビニール袋などに入れて密閉してすぐ捨てること!もったいない気持ちにもなりますが、カビの胞子が一度ついてしまったものはカビ繁殖の原因にしかなりません。

※ 洗ってもカビの胞子は繊維の中から完璧には取り去れないので、捨てることがベストなんです。

外側は大体モールドクリーナーをつけて拭くだけでもかなり見た目が綺麗になります。ですが、やはり自分の足を入れるものですから少しこのままでは物足りないですよね。ここで登場するのが革専用の洗浄剤、サドルソープ。これをつかって靴を丸洗いすることで履いているうちに蓄積された汗や匂いも一緒にケアできますよ。詳しい内容は以前ご紹介したこちらの記事をご覧ください。

170627washingshoe1

念のためもう一度モールドクリーナーを全体に吹きかけてから乾燥させます。

やはり水洗いするとさっぱり感がちがいますね。

※水洗いしたら、履く前に必ずクリームで栄養補給が必要です!どうかお忘れなく。

仕上げはリフレッシュミストで!

170627sprayshoe2

モールドクリーナーとサドルソープでの水洗いで見た目はもうほぼ完ぺき。ですが、意外と見落としがちなのは「カビの匂い」なんです。意外とカビの匂いはしつこく、なかなか洗うだけでは取りきれないこともあります。これが靴を脱いだ時に体臭と混じって周りに漂うことを考えると恐ろしいですよね。そんな時は、靴の内側には、脱臭・防臭効果のある靴専用の除菌消臭ミストを振っておくと安心です。水洗いでは取りきれなかったカビの匂いをこれで万全にケアすることができます!

靴を1日履いたあとに使うことを継続するとこれから匂いが付くのも予防できますよ。革は匂いがしみこみやすいので事前対策をしっかりしてエチケットに気を配りたいところです。

カビを生えないようにするのがやはりベストですが、今回は大切な靴にカビが生えてしまったあとの蘇生方法をお送りしました!お気にいりの靴は上手に手入れして長くお付き合いしたいですね。

170627shoe_last1

次回は革靴についてしまった傷や褪せてしまった色味を自分で補修する方法をお伝えしたいと思います。期待していてくださいね!

丸山 尚弓(まるやま なおみ)Facebook

fashion_maruyama.jpg

美人すぎるメンズファッションライターとして活動中。メンズファッションを題材とした自身のFacebookは、コメントが女性目線で分かりやすいと好評で、紹介した商品には問い合わせが殺到する。ファッション初心者を「素敵な男性」へと優しく導くことが信条。またファッションだけでなく「人生を豊かにするライフスタイル」をテーマに、男性としてトータルの魅力アップが目指せる記事を発信している。ライター以外の活動として、メンズブランドの企画やブランディングも行う。特技はコミュニケーション力を活かして外国人ともすぐに友人になること。趣味はタウンウォッチと英語での映画。

swiper-button-prev
swiper-button-next