特集
カテゴリー
タグ
メディア

「骨組みに金属を使わない傘」のメリット

  • カテゴリー:
  • TOOL
「骨組みに金属を使わない傘」のメリット

ROOMIEより転載:もうそろそろ梅雨の季節がやってきます。この時期が過ぎれば、暑くて溶けそうな夏がやってくるとはわかっているけれど……雨が続くと憂鬱になってしまうのも確か。

そんな時期に持つ傘だからこそ、こだわっている人は多いかもしれません。使い捨てのイメージがあるビニール傘ですが、今までのイメージを覆す機能性とスタイリッシュさが共存したビニール傘が増えています

今回は、あえて選びたくなるようなビニール傘をご紹介。なお、以下の表示価格は執筆現在のもので変更の可能性もあるので、販売ページでご確認ください。

+TIC プラスチック 長傘

この傘の特徴は、すべてプラスチックでできている点です。強風でも壊れにくく、錆びづらく、そしてリサイクルすることもできます。万が一、傘生地が破れてしまっても、張り替えられる構造になっているため、破れたら捨てる……ではなく、破れても張り替えて、長く使うことができます。

安全で簡単に開閉でき、傘の先端が広くて短い形になっているため、間違って人や物を傷つけてしまう心配もありません。

エバーイオン 長傘

この傘の特徴は骨です。素材に樹脂を使っているため、伸縮性や耐久性に優れており、風で逆に開いてしまっても元に戻して使用できます。金属パーツを使わずに骨を構成しているため、錆びにくく、長持ちします。

また、傘を開くと少し丸みを帯びた形となっており、肩まですっぽり入るので濡れづらいのも特徴です。

パール金属 ビニール傘


親骨と受骨にグラスファイバーが使用されていることにより、錆びにくく丈夫に、そして軽い仕上がりとなっています。重さは、他の傘が350g前後なのにもかかわらず、こちらは290g。コンビニエンスストアや100円ショップなどで販売されているビニール傘の生地の厚み(05-0.065mm)に比べ、0.07mmと厚手なため、傘生地が破けにくいのも特徴です。

ビニール傘といえば、壊れやすく、雨上がりには電車や店で忘れ去られてしまう存在だったかもしれません。しかし、進化したビニール傘は「また買えばいいや」以上の価値を持っています。むしろ、いつも持ち歩きたいほど機能的です。

今年は繰り返し使い、愛用できるビニール傘を手に入れてみては?


(林 美由紀)

source: Amazon 1, 2, 3

swiper-button-prev
swiper-button-next