特集
カテゴリー
タグ
メディア

「職人はスポーツ選手に近い」若手江戸切子職人に独立を決断させた「焦り」とは?

MugendaiMugendai

「職人はスポーツ選手に近い」若手江戸切子職人に独立を決断させた「焦り」とは?
Photo by Mugendai.

Mugendaiより抜粋・編集:青や赤の色ガラスに伝統の文様を刻み込んだ「江戸切子」。光が差し込むとキラキラと輝き、色あざやかな影を落とすその姿は、私たちの食卓や生活を豊かにしてくれます。そんな江戸切子には、各時代の職人たちの色使いやデザインが反映されています。

現代に生きる江戸切子職人・堀口徹さんもまた、現代に生きる人たちをイメージした斬新な白黒のグラスをつくるなど、「今の形」を江戸切子に刻み続けています。

そんなアーティストである堀口さんですが、株式会社堀口切子を創業した経営者でもあります。今回は、堀口さんの「人生の転換点」をご紹介します。

堀口徹(ほりぐち・とおる)

sub1(1)

1976年、東京都生まれ。二代目秀石(須田富雄 江東区無形文化財)に江戸切子を師事した後、三代秀石を継承、堀口切子を創業する。日本の伝統工芸士(江戸切子)認定。「三代秀石 堀口徹 ガラス作品展」(日本橋タカシマヤ)等の国内における展覧会はもとより、ニューヨークやパリ、ロンドン・在英日本国大使館など海外においても作品を発表し、高い評価を受ける。オルビスグループCSR賞社長賞、江戸切子新作展最優秀賞、グッドデザイン賞等受賞歴多数。

切子職人はスポーツ選手に近という—焦りから独立

sub11
Photo by Mugendai.

── 株式会社堀口切子の代表で、ご自身も切子職人である堀口徹さんの名刺には、「三代秀石(しゅうせき)」の文字がありますが、どういった経緯で江戸切子職人を目指されたのですか?

堀口:「秀石」とは、1921(大正10)年創業の「株式会社堀口硝子」に代々伝わる、切子職人の号(名跡)のことなんです。

江戸切子職人を目指すようになったのは、中学3年生のときです。以前から伝統工芸への憧れはありましたが、中学校のホームルームで将来の職業に関する進路指導の時間があり、将来的に家業を継ぐことをそのとき初めて意識するようになりました。初代秀石である祖父は、自分が小学1年生のときに他界していますが、もともと住まいのすぐそばに堀口硝子があり、物心ついたときからたびたび出入りしていました。ただ、就職するまで江戸切子のことはあまり理解しておらず、漠然とした憧れのみ…という状態でした。継ごうと決心したものの「やはり自分には合わなかった…」という事態もあり得ましたが、幸いこの世界に合っていたのか、今も続いています。

── 堀口さんは、秀石を継承した2008年に独立し、「堀口切子」を創業されていますが、どうして家業である「堀口硝子」から独立したのですか?

堀口:堀口硝子では一職人として働いていたのですが、家業でもありましたので、切子職人としての仕事以外にも業務の範囲はさまざまな事柄に及んでいました。1カ月で数時間くらいしか切子の加工場に入れないことがざらにあり、そこに少し焦りを感じていました。

「職人」と聞くと、おそらく多くの人が年配の方を想像すると思いますが、切子職人の仕事はスポーツ選手に近いところがあり、視力や体力が結構なウェイトを占めます。だから自分の感覚では、35〜55歳くらいがピーク。独立当時からそう考え、今のうちからもっと作品と向き合い、経験を積んでおく必要があると思いました。

インタビュー後編「職人としてのピークである41歳の今、堀口さんは今後をどう考えているか?」はこちらからご覧ください。

今を生きる人たちとともに——江戸切子職人・三代秀石 堀口徹がつくる「伝統」とは | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next