特集
カテゴリー
タグ
メディア

フィジーで1年の海外育休生活。南の島で「育休」してみませんか?

フィジーで1年の海外育休生活。南の島で「育休」してみませんか?


私は10年前(2007年)にフィジーへ移住し、現在、日本人の妻(専業主婦)と息子(2歳2カ月)と3人でフィジー暮らしを満喫しています。


フィジーで育児(出産もフィジー)をしていて、この国は非常に子育てに向いていると感じています。


フィジーでは助け合うのが当たり前です。

奥さんが息子と2人でカフェやレストランに行けば、接客スタッフたちが楽しそうに息子の面倒をみてくれます。息子を担ぎながら、他のお客さんのオーダーを取っていきます。


また、ご近所さんとも協力しあって子育てするのが普通なので、隣近所に息子を預けてお出かけすることもありますし、逆に預かってあげることもよくあります。世界一フレンドリーとも言われるフィジーでは、日本のように「公園デビュー」に神経をすり減らすこともありません。


加えて、フィジーは公用語が英語であり、フィジーの人たちは易しい単語でゆっくり話してくれるので、他の英語圏に比べてコミュニケーションも大きな問題にはなりません。


そんなフィジーで、日本の育休制度を活用し、1年間の「南国育休生活」を送ってみるのはいかがでしょう?


今回、1つのモデルケースでシミュレーションしてみました。

フィジー育休1年間の収支内訳

とある夫婦に「第二子」が生まれ、夫婦2人と子供2人(0歳と3歳)の家族4人でフィジーで1年間過ごすとして、ざっくりと収支はどうなるのかを見ていきましょう。



170511children
村や教会に行けば、子供たちと交流し放題

1. 収入

フィジー滞在中であっても、児童手当育児休業給付金は受け取ることができます。


(1) 児童手当


0歳児は、1.5万円/月 × 12カ月 = 18万円

3歳児は、1.0万円/月 × 12カ月 = 12万円


合計:30万円


(2) 育児休業給付金


共働き家庭で、ともに月収が20万円だったと仮定して。

・育児休業開始から180日まで、

20万円/月 × 67% × 6カ月 × 2人 = 160.8万円

・育児休業開始から181日後以降は、

20万円/月 × 50% × 6カ月 × 2人 = 120万円


合計:280.8万円


(1)と(2)を足すと、310.8万円になります。

2. 支出

支出額は、渡航費用と現地生活費に分けて考えてみましょう。


現地生活費


(1) 家賃 [2LDK] 48万円(= 4万円/月 × 12カ月)

(2) 食費 36万円(= 3万円/月 × 12カ月)

(3) 光熱費 2.4万円(= 2千円/月 × 12カ月)

(4) 交際費 60万円(= 5万円/月 × 12カ月)

(5) インターネット・携帯代 3万円(2.5千円/月 × 12カ月)


(1)〜(5)までを合計すると、149.4万円になります。


渡航費用


(6) 航空券 [日本・フィジー往復] 42.5万円(1年オープン/4人分)

(7) 航空券 [フィジー・オークランド(ニュージーランド)往復] 12万円(4人分)


・観光ビザの関係上、一度、他国へ出国することが必要です。ニュージーランドを例にしていますが、他の周辺国(オーストラリア、ニューカレドニア、サモア、トンガ、ツバル、バヌアツ、ソロモン諸島、ナウル等)でも構いません。


(8) 観光ビザ延長費用 4.8万円(= 6千円/人 × 4人 × 2回)<注1>


(6)〜(8)までを合計すると、59.3万円になります。

(1)〜(8)までを足し算し、支出額の総額を出すと、208.7万円になります。


「収入総額」から「支出総額」を引き算すると、まだ102.1万円貯金として残っています。<注2>



170511raisingkid
フィジーといえば、やっぱり海! 美しい海と陽気なフィジー人を見てると、育児の不安や疲れも消えていきます。

3. 家政婦・ベビーシッター

フィジーの最低賃金(時給)は約140円です。人件費は安いため、家政婦やベビーシッターを雇って、掃除・洗濯・料理などの家事をお願いすることも可能です。


フルタイムの週5日間で1年間、時給200円で家政婦を1人を雇うとすると、41.6万円(= 200円/時 × 8時間 × 5日/週 × 52週間)となります。


月に約3.5万円の出費で雇えてしまいます。日本だと20万はかかるでしょう。


102.1万円の貯金から家政婦費用(41.6万円)を差し引いたとしても、まだ60.5万円が残ります。


170511babysitter
大家族で育っているフィジー人は赤ちゃんの扱いが得意

4. インターナショナル・スクールへの通学

残った60万の使い道として提案したいのは、3歳児への教育投資です。

日本だと、年間200万程度かかるインターナショナル・スクール(プリスクール)ですが、フィジー(3歳児の場合)では、約50万と格安です!


私が住む「ナンディ」という街にあるインターナショナル・スクールには、世界16カ国からの子供たち(約220人)が通っています。フィジー人は全生徒の25〜30%程度で、日本人は現在4人です。


フィジーのインターナショナル・スクールについては、Part2の記事で詳しく書きたいと思います。


インター
インターナショナル・スクールでのイベント(読書週間)の様子

5. 最後に

日本では、女性の育休取得率は「81.5%」ですが、男性の育休取得率はたった「2.65%」(厚労省2015年度)。2020年度までに「13%」に引き上げるという政府目標がありますが、非常に厳しい現状です。


男性が育休を取得したくなるような魅力的なプランがあれば、状況は好転していく可能性があります。「南国フィジー育休」がそのプランの1つになるかどうかは分かりませんが、もしフィジーで育児をする機会があれば、下写真のような「子供を何人も育ててきたオバちゃんたち」がきっといろいろとサポートしてくれることでしょう。


長い人生の中で半年や1年くらい、南の島でのんびりと、家族みんなで過ごすのもいいんじゃないかな、って私は思います。



170511obachan1
育児エキスパートのオバちゃんたち。彼女たちの笑顔をみれば、世界幸福度ランキング1位も納得です!



永崎 裕麻(ながさき・ゆうま)Facebook

fiji_happiness 11.jpg 「旅・教育・自由・幸せ」を人生のキーワードとして生きる旅幸家。 2年2カ月間の世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2011/2014/2016)のフィジー共和国へ2007年から移住し、現在11年目。現職は在フィジー語学学校(Free Bird Institute)のマネージャー。 100カ国を旅した経験を活かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダー(2017)や教育ファシリテーター(2013)として参加、教育企画の立案、スカイプ・コーチング、旅ライターとして執筆、などの活動もしており、フィジーと日本を行き来するデュアル・ライフを実践中。関心が強い分野は「留学」「海外就職」「海外移住」「難民支援」。1977年、大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業。一児の父。著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。



【参考】

↓拙著『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』(いろは出版)

南の島フィジーに移住して生計を立てていく方法

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

<注1> 入国後4カ月までは手続きなしで滞在可能です。その後2カ月間の滞在延長は手続きが必要(約6千円)。一度出国してからフィジーに再入国し、また4カ月までは手続きが必要なし。その後2カ月間の滞在延長は手続きが必要(約6千円)。


<注2> 海外旅行保険の費用は含まれていません。育休中は健康保険料の支払いが免除されますが、国内・国外ともに健康保険は有効です。また、厚生年金の支払いも免除されます(要申請)。



swiper-button-prev
swiper-button-next