特集
カテゴリー
タグ
メディア

Microsoftのカメラアプリ『Sprinkles』にはあまりオリジナリティはないが一度使ってみる価値はある

  • カテゴリー:
  • TOOL
Microsoftのカメラアプリ『Sprinkles』にはあまりオリジナリティはないが一度使ってみる価値はある

MakeUseOf:Microsoftが『Sprinkles』という名の新しいiOS向けカメラアプリを発表しました。iOSユーザーは、何よりも新たなカメラアプリを渇望しているのだ、ということらしいです。そこへ投入されたのが、Sprinklesというわけ。Microsoftはこのアプリをつくるにあたって、キャプション、ステッカー、絵文字など、Snapchatから実に多くのヒントをいただいています。


それほど昔ではない昔、写真を撮ったらそれで終わり、という時代がありました。写真というものはあくまで瞬間をありのままに捉えるものであり、フィルタや装飾で汚されたりはしなかったのです。そこへSnapchatが登場し、すべてが変わってしまいます。さらにそこへ、Microsoftまで参入してきた…。そんな感じです。


オリジナリティがあるとは言えないが…


TechCrunchによると、Sprinklesは、撮影した写真に、さまざまな処理をほどこせるiOS向けカメラアプリだそうです。キャプションを追加したり、ステッカーや絵文字を挿入したり、プリクラみたいにさまざまな効果を追加することがが可能。つまり、特にオリジナリティはありません。


とはいえ、Sprinklesには、Microsoftの機械学習技術を使った機能も搭載されています。写真の内容に基いてキャプションを提案したり、顔に合わせてステッカーのサイズや位置を自動で調整したり、年齢を判定するほか、あなたが有名人の誰に似ているかも教えてくれます。


残念なことに、最後の2つの機能も、特に新しいものではありません。MicrosoftはすでにHow-Old.netで年齢を判定するサービスを、CelebsLike.meで、あなたに似た有名人を知らせるサービスを提供しています。とはいえ、こうした機能をカメラアプリに搭載するのは、それはそれで価値のあることです。


特定のユーザー層にはウケるかも


Sprinklesはイマイチ感のあるアプリですが、特定の層にはウケる可能性があります。誰かに見せる前に、自分の写真をいじらないではいられない若い世代です。そう考えると、MicrosoftがこのアプリをSprinkles(アイスクリームなどのトッピングに使う甘いチョコレートのかけら)と名付けたのも、うなずける気がします。


SprinklesはiTunes App Storeから無料でダウンロードできます。


Microsoft Launches a Camera App Called Sprinkles|MakeUseOf


Dave Parrack(訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next