特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Google Home」が6名まで声を自動識別する機能を追加

「Google Home」が6名まで声を自動識別する機能を追加



Popsci:米国時間4月20日、Googleは同社の家庭向けスマートハブ・デバイス「Google Home」に、最大6人のユーザーを声によって識別するマルチユーザー機能を追加したと発表しました。


スマートホーム向けのバーチャルアシスタントなら、いずれ必ず備えなければならない機能だとはいえ、この進化の持つ意味はとても大きいと言えるでしょう。この機能により家族のそれぞれが、Google Homeに搭載された「Googleアシスタント」に対して、このあとの予定や通勤に使う道路の渋滞状況といった個人的な質問をすることが可能になります。このような質問を受けたHomeデバイスは、話しかけているのが誰なのかを自ら識別したうえで、その人に即した答えを返します。この新機能があれば、1台のスマートホームスピーカーを家族全員で共有する状況に適した使い方が可能になるはずです。


ただし、この機能を使うためには、前もって設定が必要です。まずは『Google Home』アプリを使って追加ユーザーを登録。次に、Homeデバイスに向かって指定のフレーズを何度か語りかけ、声を覚えさせましょう。Googleではこのプロセスにニューラルネットワークを使っています。Homeデバイス自体にシステムが内蔵されていて、家族それぞれの声の特徴を特定します。


マルチユーザー対応になった後でも、Homeデバイスは、家を訪れたお客さんなど、登録されていない人からの声かけにも対応します。とはいえ、1日の予定など、よりプライベートな情報については今後、登録されたユーザー本人に対してのみ読み上げるようになるはずです。


こうした家庭向けスマートスピーカーの分野で■補足■、「Amazon Echo」がすでに複数のユーザーアカウントに対応していますが、Echoの場合は、パーソナルアシスタントの「Alexa」にその都度命令して、ユーザーを切り替える仕組みになっています。つまりGoogle Homeに比べると、余計な手間がひとつかかるわけです。Alexaに自分の声を聞かせて声を覚えてもらうことは可能ですが(「iPhone」の設定時に、Siriをトレーニングするのと同じやり方です)、今話している人を特定し、それに合わせてアカウントを自動で切り替えることはAlexaにはできません。Amazonに対し、Alexaにこの機能を追加する予定があるのか、もしあるとしたらいつになるのかを問い合わせましたが、コメントは控えたいとの回答でした。


アメリカ在住のGoogle Homeユーザーなら、4月20日からこの機能が使えるようになっているはずです。『Google Home』アプリを開き、「マルチユーザー機能が使えるようになりました」と書かれたカードをチェックしてみてください。



Google Home can now recognize individual users by the sound of their voice|Popular Science

Rob Verger(訳:長谷 睦/ガリレオ)

swiper-button-prev
swiper-button-next