特集
カテゴリー
タグ
メディア

うつで会社を辞めた私がフリーライターとして再び歩き出すまで——働き方シフト〔フリーランス編〕

うつで会社を辞めた私がフリーライターとして再び歩き出すまで——働き方シフト〔フリーランス編〕
「会社を辞められるなんて思えなかった」 Photo by 今村拓馬.

BUSINESS INSIDER JAPANより転載

命落としに会社に行かないで

「命落としに行くのなら、会社になんか行く必要ないよ」

北関東地方在住で金融機関に勤めていた丸山良平さん(46)=仮名=は、その時の妻の言葉を忘れない。

丸山さんは地元の金融機関にシステムエンジニアとして新卒で採用され、20年以上、働いてきた。40代になると本部の課長職としてシステムの統括責任者を任された。

出世には大して興味がなかったが「あのまま働いていたら、そこそこの役職にはなったかもしれません」。会社の期待はあったように思う。

ただ、ある上司の存在で、丸山さんは会社に行けなくなった。

役員に昇進したてだったその上司は、常に職場の部下のひとりにつらくあたることで知られていた。集中的に攻撃されていた同僚が異動すると、次にターゲットになったのが丸山さんだった。

ちょっとしたことに激昂し、同僚や部下の前で怒鳴りつける。1時間以上も職場に立たされる。叱責の理由も、正直、意味不明だった。複数の仕事に優先順位をつけて進めると「あの仕事はどうなった」と怒り出す。「はい、やります」と答えて取りかかれば、上司はトイレから戻った5分後に「それで終わったのか」と、責める。文書はすべて書き直し。何が悪いのかもはや、わからなくなっていた。

当然、仕事は終わらない。連日、日付が変わるまで働いた。土日も出勤した。管理職なので、残業代は出ない。

「不思議なことに、はじめは理不尽に思えていた上司の言動ですが、だんだん自分が悪いのかなと思うようになったのです」

冤罪の被疑者が自白を強要されてしまうときははこんな気持ちかと、納得した。

TIMA4457-w1280
だんだん自分が悪いのかと思うようになった Photo by 今村拓馬.

毎日ため息ばかりつくようになり、半年後には活字を読めなくなった。子煩悩だった丸山さんだが、ふたりの子どもを怒鳴りつけるように。とうとう、うつ病の診断が下り、半年間の休業を余儀なくされた。

「当時はぼーっとして、その頃のことをほとんど覚えていません」

昼間は部屋に引きこもり、真夜中に起き出してきて、リビングにただ座り込んでいた。

復職すると、休業中に発覚したという、丸山さんの過去の仕事の処理について、同じ上司に責め立てられた。1カ月で、再び会社に行けなくなった。

「もう、会社に行かせられない」と、何度も妻に言われても、住宅ローンや子どもの学費、日々の生活費が肩にのしかかる。当初はとてもじゃないが、辞められるとは思えなかった。

そんな丸山はその後自分が休業中に月額30万円の収入を得られるようになるとは思ってもみなかった。後編は以下のリンク先から。

うつで会社を辞めた私がフリーライターとして再び歩き出すまで——働き方シフト 〔フリーランス編〕 | BUSINESS INSIDER JAPAN

(滝川麻衣子)

swiper-button-prev
swiper-button-next