特集
カテゴリー
タグ
メディア

ローマ法王フランシスコがTED Talkで引用したビジネスにも役立つ「アルゼンチンのことわざ」

ローマ法王フランシスコがTED Talkで引用したビジネスにも役立つ「アルゼンチンのことわざ」
Photo by Ryan Lash / TED, Flickr.

Inc.:2017年4月のローマ法王フランシスコのTED Talkは感動ものです。平和、協力、共感の大切さを強調しているのはもちろんですが、心に響く引用もシェアしていて、この先何度も繰り返し思い出す価値のあるものです。

アルゼンチンには「(権力や財力に代表される)パワーとは、空っぽの胃にジンを流し込むようなものだ」という諺があります。空っぽの胃にジンを流し込むと、頭がくらくらして、酩酊し、バランスを失い、結局は自分自身も周囲の人たちも傷つけることになります。パワーも謙虚さと優しさをもって行使されない限り、同じ結果になります。

謙虚さを培うと、単に細やかな気遣いができるようになるだけでなく、仕事で失敗したり燃え尽き症候群になることも防げます。以下の3つのことを避けるようにしましょう。

  • 自分が何もかもよく知っていると思うこと:謙虚さに欠けたリーダーはあまり向上しません。ストア哲学者の言葉で言い換えると、「自分が既に知っていることから学ぶことはできません。」賢明なリーダーほど、他人から学ぶべきことが多いと思う謙虚さを備えています。
  • 自分は優れた人間だと思うこと:自分は特別な存在だと自然に思ってしまいます。それが並外れた偉業を達成するモチベーションになることもありますが、その種のプライドには逆の効果もあり、自分は隣人より大きな困難に直面していると思ってしまうことがあります。早く言えば、誰かが徹夜で仕事をしても、自分の方がもっと苦労していると思ってしまうのです。ヒューストン大学のブレネー・ブラウン(Brene Brown)教授は、これを「相対的な苦労(comparative suffering)」と呼んでいます。自分がした苦労を自分の価値を測る物差しにすることで、自我を曲解しているのです。私の著書『The Bite-Sized Entrepreneur』にも書いたように、それは、軍拡競争と同じで、参加した誰もが敗者になるだけの戦いです。
  • 自分は最高の結果にふさわしいと思うこと:最後になりますが、富や名声といった外的な尺度に基づいた成功を収めると、その成功は運やタイミングのおかげではなくて、自分の当然の権利だと思いがちです。裏を返せば、物事がうまくいかない人は、成功するに値しないからだと考えることになります。ローマ法王フランシスコが真に伝えたいことは、パワーは予期せぬ形で変遷するものだということです。キャリアの道中には浮き沈みがありますが、それは自分自身の価値を反映しているわけではありません。それと同時に他人の人生の浮き沈みもその人自身の価値を反映しているわけではありません。人生に対する健全な姿勢こそ、起業家として生き残っていくために必要不可欠なものだと考えるべきではないでしょうか。現にそれが真実だからです。

The Pope Francis TED Talk Quote That Could Save Your Business | Inc.

Damon Brown(訳:春野ユリ)

Photo by Ryan Lash / TED, Flickr.

swiper-button-prev
swiper-button-next