特集
カテゴリー
タグ
メディア

「ロケットの再利用」を可能にしたスペースX、次の目標は?

「ロケットの再利用」を可能にしたスペースX、次の目標は?

Popular Science:スペースX社の再利用ロケットブースターが、初の2度目の打ち上げに成功しました。2016年4月に打ち上げとドローン船への着陸を成し遂げた「ファルコン9ロケット」の第1段ブースターは、2017年3月30日、2回目の搭載物を宇宙へと送り届けました。この金字塔は、再利用可能な打ち上げシステムの構築という同社の構想において重要なマイルストーンの達成となるだけでなく、15年を費やした開発技術の集大成を飾るものといえます。打ち上げおよびドローン船への着陸を成功させたことで、スペースX社のイーロン・マスクCEOが述べていたように、「軌道打ち上げを担うブースターは、打ち上げと再度の打ち上げが可能であること」が証明されたのです。

宇宙船を開発する民間企業のスペースX社は、打ち上げブースターを使い捨てずに再利用することで、打ち上げコストを約30%節約できると見積もっており、最後に残されたフロンティアへのアクセスを安く提供することを目指してきました。

ですが、定期的にロケットを再利用するという夢の実現はまだまだ先の話です。この日の10日前、Blue Originの創設者ジェフ・ベゾス氏は、ロケットエンジンのベアリングについて言及した電子メールにおいて、今後直面するであろう課題を次のように指摘しています。なお、Blue Originは、軌道への到達やペイロードの搭載こそまだ達成できていないものの、自社ロケットの再利用に成功しています。

「再利用可能性」が、打ち上げの合間に大規模な改修、検査、再検証を必要とするなら、私たちが思い描いているような数百万人の人々が宇宙で生活したり活動したりするビジョンの達成に見合うだけの大幅なコストの削減は、どう見ても無理でしょう。

実際、マスク氏は現在、改修プロセスの時間短縮に注力しており、打ち上げ直後の記者会見において、次のように述べています。「短時間でのロケットの再利用可能性は、宇宙への扉を開く鍵です。私たちは、ブースターとペイロードフェアリングの再利用を劇的に効率化する必要があるのです」。

今回の場合、再利用されたスペースX社のブースターは、初めて飛行・回収したのが2016年4月ですから、ほぼ丸1年が経過したものでした。確かにファルコン9は、ロケットの爆発事故により、数カ月間打ち上げが延期されました。それに加えて今回の打ち上げは、同社にとってはもちろん、宇宙飛行分野全般において初の試みであったこともあり、これまで以上の慎重さで望むことは理にかなっています。

もし、打ち上げと着陸の後にブースターの大規模な改修が必要になれば、再利用ロケットでディスカウントを行うという目論見も外れることになりかねません。ただ今のところ、計画は順調に進んでいます。地上への着地に成功し同社が初めて回収したブースターは現在、スペースX社の本社脇にモニュメントとして飾られています。このブースターの回収直後の状態は、おおむね再打ち上げにも耐えらえる程度の良い状態だったと伝えられています。

打ち上げ直後の記者会見でマスク氏は、改修がもっとも必要となるパーツは、地球への帰還時にロケットを安定させる格子状フィン、大気圏再突入時の熱から機体を保護するためブースター下部に取り付けられる耐熱シールド、そしてペンキだと述べました。格子状フィンは打ち上げの際、大気圏突入時に稼働します。同社は、現在使用しているアルミニウム製の格子状フィンを、より頑丈なチタン製の設計に間もなく変更する予定です。

マスク氏は2018年までに、24時間以内のブースター再利用の実現を目指しています。いずれは、再利用までの時間を、燃料タンクへの再注入に必要とされる1時間以内に短縮することも考えているようです。

スペースX社が改修プロセスの改善に取り組む機会はたくさんありそうです。2017年に同社が計画している20前後の宇宙ミッションの中で、再利用ロケットを使うものは6つになるとマスク氏は考えています。そして2018年には、その数は倍になりそうです。「目標は、これを当たり前にすることです」とマスク氏は述べています。

SpaceX has proven it can reuse its rockets--now what?|Popular Science

Sarah Fecht(訳:風見隆/ガリレオ)

Photo by Shutterstock
swiper-button-prev
swiper-button-next