特集
カテゴリー
タグ
メディア

ビックカメラで4月から「ビットコイン」決済が可能に

GIZMODO

ビックカメラで4月から「ビットコイン」決済が可能に

ギズモード・ジャパンより転載:2017年は仮想通貨が盛り上がる...かも?

かつてはいろいろと世間を騒がせたインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」。遠い外国の出来事で、遠い外国で使われている支払い手法というイメージがありましたが、世界規模で見ると順調に流通量が増加しています。そして、ついに国内大手家電量販店である「ビックカメラ」もビットコインに対応するようです。ビックカメラでのビットコイン決済サービスは4月7日からスタート。導入店舗はビックカメラ有楽町店・ビックロ ビックカメラ新宿東口店となり、1会計につき10万円相当のビットコインが上限。ポイントも現金と同率で付きますよ。期間限定で500円相当のビットコインが当たるキャンペーンなども行なうとのこと。

また、日本経済新聞によりますと、ビックカメラだけでなく「リクルート系も今夏をめどに26万店で利用できるようにする」といった計画もあるようですよ。

背景としては、2017年4月からは国内で仮想通貨に関する改正資金決済法が施行されたこともあります。国内でもグローバルに拡大する仮想通貨の利用に対して、安全な取引のために法制度の整備が進んでいるんですね。

現状では国内ではSuicaやiD、QUICPayなどの電子マネー勢力が強大だけど、こういった仮想通貨決済もできるとなれば、訪日外国人に向けての強いアピールポイントとなります。換金しなくてもOKってのは便利ですよね。

ドワワっと人が押し寄せるであろう2020年、東京五輪までにどのくらいの店舗が対応するのか? そしてその決済は本当に日本に馴染むのか? その未来がちょっぴり楽しみです。だってひょっとしたら、おサイフという物体、持ち歩かなくてよくなりそうで...ねぇ。

source: PR TIMES, 日本経済新聞, 金融庁

(小暮ひさのり)

Photo by shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next