特集
カテゴリー
タグ
メディア

Netflixが5つ星の評価システムを廃止する理由

Netflixが5つ星の評価システムを廃止する理由

2つの選択肢から1つを選ぶほうが、5つの選択肢から1つを選ぶよりはるかに簡単です。これが、Netflixが、開設当初からあったの星の数による5段階の評価システムを廃止する理由です。これからは「まあまあ良かった」映画に3つ星をつけることができなくなり、好きか嫌いかのどちらかを決めなければなりません。Netflixはなぜそうするのでしょうか? それがこれからのやり方だからです、とNetflixのプロダクト改革担当副社長であるTodd Yellin氏が、Variety誌に語っています。Yellin氏の説明は次のとおり。

5つ星はもう時代遅れです。たしかにこの古いシステムは、あなたが世界に伝えたいことをより正確に表現することができます。しかし、私たちは、レビューするメンバーにとって、よりクリアなシステムに移行したいと思っています。Netflix体験をより良いものにしていきたいのです。

つまり、ユーザーは世間の評判に基づいて映画に星をつけてしまうということ。私たちは、見てる途中で眠ってしまったとしても、オスカーにノミネートされた外国のドキュメンタリーに、評論家が絶賛しているという理由で5つ星をつけます。同じように、世間的に評価されていないと思う映画には悪い点数をつけます。例えば、あなたが「ばかばかしい映画」を選んだとして、自分は何度も繰り返し見てしまうほど楽しんでいるのに、「ちょっと世間一般には好まれないだろうな」、と思って3つ星かそれ以下の点をつけてしまうのです。

この新しい評価システムとともに、マッチ率システムも導入される予定です。これは、過去の評価にもとづいて、その映画がユーザーの好みにどれくらいマッチしているかを表示するものです。かなり好みだと思われる映画は90%台で表示され、おそらく好みでない映画は50〜60%のマッチ率で表示されることになります。

私たちには5段階評価システムは扱えないということなのかもしれません。あるいは、承認欲求が強いあまり、自分の意見を批判されるのが怖くて、Netflixに嘘の意見を提示してしまうということなののかもしれません。

いずれにせよ、サムズアップ(いいね)とサムズダウン(よくないね)による評価システムが、今後数カ月以内にリリースされる予定です。

Netflix Replacing Star Ratings With Thumbs Ups and Thumbs Down | Variety

Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next