特集
カテゴリー
タグ
メディア

アメリカの医療業界で「年収1000万円以上」の仕事トップ6

BUSINESS INSIDER JAPAN

アメリカの医療業界で「年収1000万円以上」の仕事トップ6

BUSINESS INSIDER JAPAN」より抜粋 : 医師になるには何年も学校に通い、研修を受けなければならない。そう考えると、医師が高給取りであることは驚くことではない。

しかし、求人サイトGlassdoorが公開した最近のレポートによると、医療業界で高年収なのは医師だけではない。

過去1年間、医療業界で働く従業員がGlassdoorに明かした情報を基に、アメリカの医療業界で最も年収が高い6つの職種をランキング化し、現在の求人数、仕事内容をまとめた。

6. ナース・プラクティショナー(特定看護師)

平均年収:10万4144ドル(約1158万円)

求人数:1万2566人

医療チームの一員として、または個人で急性疾患、発作性疾患、慢性疾患を診断し、治療する。

5. 医師助手

平均年収:11万2529ドル(約1251万円)

求人数:1万3547人

精密検査、治療、患者のカウンセリングなど、通常、医師が行うような医療サービスを提供する。

4. 薬剤師

平均年収:12万5847ドル(約1399万円)

求人数:5496人

処方薬を調剤し、その薬剤に関する情報を患者に提供する。

アメリカの医療業界でさらに年収が高い、上位3つの職種については以下のリンク先で紹介しています。

アメリカの医療業界で年収1000万円以上の仕事 | BUSINESS INSIDER JAPAN

Rechel Gillett(原文/訳:梅本了平)

Photo by Shutterstock.

swiper-button-prev
swiper-button-next