特集
カテゴリー
タグ
メディア

「汚染食品」で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている:調査結果

MugendaiMugendai

「汚染食品」で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている:調査結果

Mugendai(無限大)より抜粋:食品の安全性に対する関心は、年々高まる一方です。食中毒、アレルギー、食材の汚染や産地偽装といった食品に関するさまざまな問題が引きも切らず発生し、消費者の要求は日々厳しくなってきています。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の調べによれば、毎年6人に1人のアメリカ人が汚染された食品や飲料が原因で健康を損ない、年間約3000人が命を落としているそうです。また、米国農務省は、こうした疾病対策にかかるコストは年156億ドルに及ぶという調査結果を発表しています。

米国における食品のリコール発生率も増加の一途をたどり、2016年4月から6月にかけてのリコール件数は、同年1~3月を80件も上回りました。

とはいえ、こうした問題に取り組むため、最新の技術を活用した新たなリスク対策の手法が、積極的に研究されています。その中には「予測的アプローチ」と呼ばれる、大量のデータを用いた食品に潜む危険性を予測する手法があるそうです。

詳細は以下のリンク先でご覧ください。

汚染食品で命を落とす3000人を救う、危険予測アルゴリズム | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next